婚活に対する温度差

こんにちは
大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の
林ゆかりです。

「1年以内に結婚するぞ!」と
目標を決めたN子さん(34歳)は、
真剣に婚活に臨み、お見合いを重ねています。

しかし、ここのところ立て続けに、
結婚に対してあまり真面目に考えていないと
思えるお相手との出会いが続き、
気持ちが沈みがちに・・・。

A男さんからは、彼女は大阪に住んでいるのに
「お住まいの奈良は観光で行きますが
良いところですね・・」と言われたとか。
きっと別のお見合い相手のプロフィールと
間違えたのでしょうね・・・。

職業や家族構成を勘違いされていて
お話が噛み合わなかったというご報告が
時折ありますが、特に家族構成の勘違いは
あってはいけません。

別の会員さんですが、親御さんが存命なのに
亡くなっているという思い込みでお話しをされて
とても不愉快な思いをしたというケースも
ありました。

複数の方とのお見合いが続くと、
お相手の情報を他の方と勘違いしてしまうと
いうこともあるようですが、
お見合い前にお相手のプロフィールを
しっかりと読み直し把握するようにしましょう。

B男さんからは「結婚願望が無いのに親が勝手に
相談所に登録した」と言われたそうです。
これも失礼ですよね・・・。
しかし、ちょっと待って!!
この方の場合は、実際にお見合いに
来ているわけですから、
全く結婚願望がないとは言えないのでは?
ご本人の意思に反して、
親御さんが勝手に登録した場合、
ご本人は実際には動きません。
婚活をしているという事実が、
なんとなく照れくさくて、
そのような言い方をしてしまったのかも
しれませんね。
でも、お相手は一々、深読みはしてくれません。

最近、婚活をしている人の気持ちの温度差を
感じることがあります。

■真剣度の高い人は、休日はお見合いのために、
デートをするために優先的に空けている。
仮交際に入ってから
マメに連絡を取ろうと努力をする。

■なんとなく婚活をしているという人は、
趣味や友人との約束などを優先しがち。
仮交際に入ってからも、LINEの返事が遅く
電話のコールバックをしない。

結婚相談所における婚活とは、
友人や恋人探しをするのではなく、
生涯のパートナーと出会うということが目標。

お見合いは、色々な職業・地域・様々な価値観の
人など、普通の暮らしの中ではお会いできない
方々と巡り会えるという素晴らしいシステムです。

一生、婚活が続くわけではありませんので、
ぜひ、活動期間は真剣な気持ちで臨んでください。

さて、N子さんですが、
残念だったお見合いも経験と思い、
前に向かって進んでいますので、
きっと本当のご縁が近づいてきていると信じております。

皆さんも、結婚に向けて
一つ一つの出会いを大切にするように
心掛けてくださいね。

梅雨を元気に乗り越えて婚活に励みましょう!

こんにちは
大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。

今日7月7日は七夕。
織り姫と彦星が年に一回会える日ですが、
梅雨の真っ只中ですので、
毎年のように雨が降っていますね。

雨が降ると天の川の水かさが増すため、
会うことができないという伝説がありますが、
二人が分厚い雲の上でなんとか会えることを
祈ります。

ところで、毎日降る雨で、
なんとなく気分がすっきりしない、
心が沈みがちな状態になっていませんか?

7月に入り「よし、頑張るぞ!」と、
いったんは婚活にも気合いを入れたものの
梅雨の影響で体のだるさや頭痛など体調不良を
感じる方も多いようです。

人間は朝、太陽の光を浴びることで
幸せホルモンであるセロトニンが
脳内に放出されますが、連日の雨で不足ぎみに。
そうなると、やる気がでなくて、
気分が沈みがちになります。

そこで、お勧めなのが『掃除』。
婚活中に悩みや迷いが生じ
「上手く自分の気持ちをコントロールできない」
という方には、
お部屋の掃除をすることを勧めています。

脳科学的にみると、部屋の状態には、
その人の脳の状態が投影されるそうです。
つまり、心が不調になると部屋も荒れると
いうわけです。

部屋を綺麗にすると心がスッキリしたという
経験はありませんか?

掃除をすると、気分を調整する
セロトニンが増えるので、
脳の中が沈静化しストレスがとれます。

太陽の光からセロトニンをもらえないのなら、
掃除をして自分で出しちゃいましょう。

部屋が整理整頓されると、
心の引き出しも整理され活力も沸いてきます。

是非、お試しいただいて、
梅雨の時期を元気に乗り越えましょう!!

男女の恋愛感情カーブの違い💖


こんにちは
大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。
お見合いシステムでは、お見合い後、
お互いに「次回またお会いしたい」と
希望された場合に相談所を通じてお電話番号を
交換します。

その後、交際を続けていくためには初めが肝心。
そこで、知っておくと役立つのが
「男女の恋愛感情カーブの違い」です。
どのように違うのかといいますと、
男性の恋愛感情カーブは頂点から下がっていく、
女性のカーブは逆で、下から少しずつ上がって
いきます。

一般的に男性は、OKのお返事をいただくと
感情がピークに達してしまい、
なかにはお相手のことを早くも
「俺の彼女!」なんて、
思い込んでしまう方もいらっしゃるようです

一方、女性は
「これからじっくりお相手を観ていこう」
という冷静な気持ちでいますので、
男性からの毎日の電話や、一日に数多くのLINEなど
積極的すぎるアプローチを受けてしまえば
重苦しくなって気持ちが退いてしまいます。

よくある失敗例として、
気持ちが盛り上がりすぎた男性が、
お見合いやファーストデートの別れ際に、
握手を求めたり、
いきなり手を握ったりすることがあります。

しかし、まだ気持ちが追いつかない女性側としては
一気に冷めてしまい交際終了を告げることになります。

「交際中」という表現を使っていますが、
お見合い後しばらくは、
まだ『仮交際』というニュアンスといえます。

男性は、舞い上がらずに焦らず
落ち着いて行動するようにすることが大切。

また、女性は、お相手の細かいところまで
チェックしすぎないようにして、
良いところをみつけるようにしましょう。

育ってきた環境が違うのですから
「距離感」や「価値観」などが違うのは当たり前。

お互いを尊重できるのか、また、歩み寄ることが
できるかどうかが大切です。

そして、男女の恋愛感情カーブが交わるところが
プロポーズの最高のタイミングです!!

タイミングを逃さないためにも、
コミュニケーションをしっかり取り合い
お互いの気持ちを確かめ合うように努めましょう!