婚活における「天動説」の人々!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今日2月19日は「地動説」を説いたニコラウス・コペルニクスの生誕の日です。
コペルニクスは1473年2月19日にポーランドで誕生しました。

地球は宇宙の中心にあって、太陽や月、星が地球の周りを回っているというのが天動説、
それに対し、地動説は地球が動くという考え方です。

今では当たり前のように「地動説」が信じられていますが、16世紀にコペルニクスが主張するまでは、ずっと天動説が信じられていました。

しかし、婚活においては、天動説の考えを持つ人々がいまだにいらっしゃるのです。

お見合い後、交際に入っても長続きしない・・その繰り返しで活動期間が長くなっているという人がいます。

その理由のひとつとして「価値観をお相手に押し付けている」ということが挙げられます。
自分から歩み寄る気持ちが全くない、だから自分の価値観全てに合わせてくれる相手を探しているので時間がかかるのです。

その人たちのことを私は『天動説の人々』と呼んでいます。

では、実際にあった例をいくつかご紹介しましょう。

【経営コンサルタント・年収1200万円、40代男性】

お見合いの時に、自分がすごく仕事ができるという自慢話を延々とした後に「ずっと雇われている人って無能だよね。起業して人を雇う立場にならなきゃ」と。
彼女は、どのように返事をしていいのかわからなくてしばらく黙っていました。

彼:「どうしたの?そう思うでしょ」
彼女:「でも、私の父は先日定年退職しましたけど同じ会社で勤め上げるってすごいことだと思いませんか?」
彼:「ああ、小さい。小さい」と吐き捨てるように言ったそうです。

もちろん結果は交際不成立です。

【ルックス抜群の28歳C子さん】

彼女が「結婚後、家事の手伝いについてはどう思われますか?」と質問すると、彼は「僕は、料理は苦手ですが、それ以外の掃除、洗濯などは手伝えるかと思います」とお答えになりました。

彼女:「え~!一番大変なのがお料理じゃないですか。イマドキの男性は料理ぐらいできないとダメだと思います!今、時代は令和ですよ。れいわ。料理が作れないなんてダサいと思いませんか?」

すごく気まずい雰囲気になったということです・

【45歳の医師と32歳OLさんのファーストデート】

お見合い後、交際に入った彼女との初デートはイタリアンレストランでのディナー。

二人分の料理が一つのお皿でサービスされるスタイルでしたので彼女は次々と運ばれてくるお料理をお皿に取り分けて彼に差し出します。
そして最後にきたのはピザ。
彼女は取り分けるのが難しいと思いそのままにしておいたそうです。

その翌日、相談所を通じて彼から交際終了が入りました。
理由は『ピザをとりわけてくれなかったから』

また、自分の話すことに対して求めているリアクションと違っていたから、ということも理由でした。

【価値観を押し付ける人の心理と特徴】
●プライドが高い。

●優越感に浸りたい。

●頑固で自分を曲げたくない。

●逆に、現状に不満があったり、劣等感が強いため相手を認めたくないという場合もあります。

すべてを自分に合わせてくれる人、もしくは元々すべての価値観や考え方が一ミリも違わない人を探すのは至難の業です。

どうしても天動説から地動説に変えることが難しい人は婚活年数が長くなることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

コミュニケーションの基本は、お相手の考えを『受け入れる』ということです。
少しでもお相手に歩み寄るという心を持つことができれば幸せな結婚への道程は近くなるのではないでしょうか。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。