希望を与えてくれるレミオロメンの『3月9日』

こんにちは
大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の林ゆかりです。

今日は3月9日。
この日、単純な私は、レミオロメンの『3月9日』が聴きたくなります。

「流れる季節の真ん中で~♬」
のどかで穏やかなメロディーが春の訪れを感じさせてくれますね。

この曲は、メンバー3人の共通の友人の結婚式が3月9日に
あり、お祝いをするために書いたそうです。
今は卒業式の定番ソングになっていますが、新しい何かを
始める人への応援ソングでもあるということです。

人は決して一人ではない、誰かと支え合って、分かち合って生きている
というメッセージが込められている温かい歌ですよね。

ところで今、新型コロナウィルスの影響で、どんよりした
気持ちになっている人が多いかと思いますが、震災や台風
など自然災害が起きた後に、結婚相談所にお話しを聞きに
来られる方が増えるのですよ。
危機的な状況の中で、一人でいることの心細さを痛感し、
頼りになるパートナーと一緒にいたいと強く感じたというのが理由です。

結婚の最大のメリットは
『喜びは2倍に、悲しみは分かち合える』というところです。

1人で困難に立ち向かうよりも2人の方が心強いですよね。
何かが起きた時は力を合わせ、一緒に乗り越えることに
よって絆が深まっていきます。

結婚をしたい!と思った時が、その人にとっての結婚適齢期です。
春の訪れと共に一歩踏み出してみませんか?

成婚までしっかりとサポートさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です