相性の良い男女にペルソナは必要ない💖


こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

男女の間では、等身大の自分を素直に
出すことが大切ですが
「ありのままの自分ってどういう自分?」と
考えてみると、なかなか難しいですよね。

人は、状況や環境によって、いろいろな顔を
使い分けています。

■職場の上司の前では礼儀正しくかしこまるけど
家に帰ればジャージに着替えてダラダラ。

■友達とはハメを外して楽しく騒ぐけど、
好きな人の前では上品に爽やかに接する。

どのシチュエーションの、どの自分が
本当の姿なのでしょうか。

答えは、すべてが本当の自分なのです。

私たちは、一人の人間でも様々な「顔」を
持っています。

こうした、社会に適応するための顔、
社会的役割を担った顔を「ペルソナ」といいます。

ペルソナとは、ギリシャ語で”仮面”という意味で
スイスの精神科医・心理学者のユング
(1875~1961)が提唱。

元々の意味は、古代ローマの古典劇において
演者が身につけていた「仮面」。
つまり、私たちは普段の生活の中で
「仮面」をつけて暮らしているというわけです。

誰もがこれを持っているから、社会的生活を
営めるのです。

婚活において気を付けなければいけないのは、
お相手の言動の受け止め方です。

その方の、ある一面だけを見て
「自分とは合わない」とか「嫌い」と
決めつけてはいませんか。

何度かお会いしていくなかで、
お相手の様々なペルソナを知ろうという
気持ちが大切。

お相手の良いところ、自分と合うところを
見つけようとする意識を持ちましょう。

相性の良い男女とは、
お互いに自分を良く見せようとか、
偽の自分を演じる必要のないお相手です。

お見合いの時はガチガチに何重もペルソナを
被っていたとしても、
お会いするにつれて1枚ずつ外れていき、
ありのままの自分を出しあえるといいですね。

言い換えれば、それが「居心地の良い」関係性と
いえるのです。

ブライトウェディング
http://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です