お見合いでは余韻を残すことが大切!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いの時間は60分ぐらいが望ましいです。

あまり短いと、お相手を知ることができないからです。

逆に、3、4時間もお話しをされる場合がありますが、長すぎるのも禁物。
はじめは、お人柄を知り、フィーリングが合うかどうかを確かめる程度がよいです。

一方的に、自分の生い立ちやサクセスストーリーなどを延々とお話しする人や、価値観を押し付ける人がいますが、これではお相手が引いてしまいます。

また、過去の恋愛話や、再婚の人は離婚理由を詳しく語る人がいます。
「かなり生々しい内容を聞かされました」というご報告を受けることが結構あります。

初対面ですから、聞かされた側は受け答えに困ってしまいますよね。

まだ人間関係できていないときに何もかもお話しするのはタブーです。

連続ドラマで「また次も観たい」と思えるように、お見合いでも余韻を残すことが大切。

お相手に「また会いたい。会ってもっと深く知りたい」と思っていただけることが次に繋がるのです。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。