婚活に対する温度差

こんにちは
大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の
林ゆかりです。

「1年以内に結婚するぞ!」と
目標を決めたN子さん(34歳)は、
真剣に婚活に臨み、お見合いを重ねています。

しかし、ここのところ立て続けに、
結婚に対してあまり真面目に考えていないと
思えるお相手との出会いが続き、
気持ちが沈みがちに・・・。

A男さんからは、彼女は大阪に住んでいるのに
「お住まいの奈良は観光で行きますが
良いところですね・・」と言われたとか。
きっと別のお見合い相手のプロフィールと
間違えたのでしょうね・・・。

職業や家族構成を勘違いされていて
お話が噛み合わなかったというご報告が
時折ありますが、特に家族構成の勘違いは
あってはいけません。

別の会員さんですが、親御さんが存命なのに
亡くなっているという思い込みでお話しをされて
とても不愉快な思いをしたというケースも
ありました。

複数の方とのお見合いが続くと、
お相手の情報を他の方と勘違いしてしまうと
いうこともあるようですが、
お見合い前にお相手のプロフィールを
しっかりと読み直し把握するようにしましょう。

B男さんからは「結婚願望が無いのに親が勝手に
相談所に登録した」と言われたそうです。
これも失礼ですよね・・・。
しかし、ちょっと待って!!
この方の場合は、実際にお見合いに
来ているわけですから、
全く結婚願望がないとは言えないのでは?
ご本人の意思に反して、
親御さんが勝手に登録した場合、
ご本人は実際には動きません。
婚活をしているという事実が、
なんとなく照れくさくて、
そのような言い方をしてしまったのかも
しれませんね。
でも、お相手は一々、深読みはしてくれません。

最近、婚活をしている人の気持ちの温度差を
感じることがあります。

■真剣度の高い人は、休日はお見合いのために、
デートをするために優先的に空けている。
仮交際に入ってから
マメに連絡を取ろうと努力をする。

■なんとなく婚活をしているという人は、
趣味や友人との約束などを優先しがち。
仮交際に入ってからも、LINEの返事が遅く
電話のコールバックをしない。

結婚相談所における婚活とは、
友人や恋人探しをするのではなく、
生涯のパートナーと出会うということが目標。

お見合いは、色々な職業・地域・様々な価値観の
人など、普通の暮らしの中ではお会いできない
方々と巡り会えるという素晴らしいシステムです。

一生、婚活が続くわけではありませんので、
ぜひ、活動期間は真剣な気持ちで臨んでください。

さて、N子さんですが、
残念だったお見合いも経験と思い、
前に向かって進んでいますので、
きっと本当のご縁が近づいてきていると信じております。

皆さんも、結婚に向けて
一つ一つの出会いを大切にするように
心掛けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です