コロナ禍での交際を成功させる方法!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

コロナ禍でのお見合いは、実際にお会いする対面式か、オンラインによるお見合いにするかを会員さんが選べるようになっています。
どちらでも構わない場合は話し合って決めますが、ご希望が一致しない場合はお見合いが成立しません。

昨日から、蔓延防止等重点措置が大阪、兵庫、京都でも実施されていますので2月20日までの期間中は、決まっている対面式お見合いをオンラインに変更して欲しいというご希望を数多くお受けしております。

コロナ禍での婚活は、コロナに対する価値観が近い人との方がスムーズに進みます。
せっかくお見合い後、交際に入ってもコロナが怖いため、デートの日程を先延ばしにすることを繰り返していると進展が望めません。

状況によって、オンラインお見合いやオンラインデートを取り入れるなど、お相手の考えも尊重するといった柔軟な姿勢も大切です。

コロナ禍でも成婚しているカップル、交際が順調に進んでいるカップルもたくさんいます。

最近では感染予防を徹底しているお店が多くなっていますが、外でのデートを楽しみたいというカップルは、密になりにくい公園や神社、テラス席のあるカフェなどでデートを重ねてめでたく成婚!
二人で工夫を重ねてきたことでより絆が深まったといいます。

高齢の祖父母と同居のAさんと医療機関にお勤めのB子さんのケースは、コロナに対し慎重という考えが一致しているのでオンラインデートをほぼ毎日続けた結果、真剣交際に入り、その後2回実際にお会いになってから成婚退会をされました。

コロナ禍での交際の場合、お見合い後、相談所を通じて連絡先の交換をしたにもかかわらず、ファーストコールの後、または一度お会いした後、なかなか連絡が取れず、最悪は自然消滅のようになってしまうというケースがあります。

LINEを送っても返事が無い、次にお会いする日を提案しても「まだ分からないから」と却下され、その後の連絡も無いという状況が続くと上手くいくはずがないですよね。

成婚に至ったカップルの共通点は、しっかりコミュニケーションを取り合っているという点です。

常にお相手との時間を優先し、可能な限り会う時間を作ろうと努力することが大切です。
また、LINEやオンライン、電話などで必ず毎日コミュニケーションをとるということがポイントになります。

では、コロナ禍での交際を成功させるコツをまとめてみましょう。

1■『交際期間を長引かせない』
平均2か月~3か月の交際で成婚を決められるケースが多いです。

2■お相手との時間を最優先に可能な限り会う時間を作ること

3■メールや電話、オンラインなどで必ず毎日コミュニケーションをとるようにすること

この3つのポイントは交際中のすべてのカップルに実践して欲しい事柄です。

せっかく巡り会えたご縁を大切にしてくださいね。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。