婚活はマニュアルよりお相手を知ることが大事!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合い後、交際に発展していくためには初めが肝心。
といってもお相手との距離感を測るのは難しいものです。

最近、その距離感を見誤ったために交際終了になったというケースが続けて起こりました。

彼はお見合いの時から彼女のことを好きになり、ウキウキした気分でファーストデートを迎えます。
彼女も好感を抱いていましたが、まだ好きという気持ちにまではなっていませんでした。

ファーストデートはお二人とも楽しく過ごしせたそうですが、その後、彼からの積極的なアプローチが始まります。

デート前のコミュニケーションは適度な回数でLINEをしていましたが、デート後はLINEではなく毎日電話で話したいと彼女に伝えたり、少し先の誕生日のプレゼントは何がいいかな?といったことなどを尋ねたといいます。

彼女は嬉しい反面、まだ気持ちが追い付かない自分を責めるようになり、彼からのアプローチをプレッシャーに感じるようになったのです。
その結果、彼の気持ちに応えたいけど今はできないという葛藤から交際終了を決断したのでした。

一般的に男性は、お見合いでOK(もう一度会いたい)のお返事をいただくと、感情がピークに達してしまいます。

一方、女性は「これからじっくりお相手を観ていこう」という冷静な気持ちでいます。

ですからいきなり、男性からの毎日の電話・一日数回のメール攻撃、ヘビーなアクションなどを受けてしまえば女性は重苦しくなって気持ちが退いてしまいます。

特に交際経験が少ない男性は、恋愛・婚活のマニュアル本やSNSなどの「婚活成功法」通りに実践する人が多いです。

学習して成功させようという真剣な気持ちは前向きで素晴らしいと思いますが、人の気持ちはマニュアル通りに動かすことはできません。

ある婚活本には「マメに連絡をとる方が真剣交際に繋がる。LINEよりも毎日電話で話をしよう」と書かれています。

実際に、ブライトウェディングでも短期間で成婚した複数のカップルには、会えない日は毎日電話で長時間話していたという共通点がありました。

しかし、それは誰にでもあてはまるわけではありません。
最近は、電話が苦手な人も多くなっていますし、まだどちらかが気持ちが前向きでない場合は重荷になるので逆効果になります。

ですから、仮交際の時期はお相手との接し方や距離感をお互いに話し合って察することが大事です。

マニュアル通りではなく、お相手に寄り添う気持ちが必要になってきます。

また、距離感が「違うな」と思っても、すぐに交際を終了するのではなく、思っていることを話し合ってみてください。

それは面倒で根気のいることかもしれませんが、お相手を頭から否定するのではなく肯定するという習慣を身に付けることが婚活を成功させるカギです。

育ってきた環境が違うのですから「価値観」「距離感」などが違うのは当たり前。

お互いを尊重できるのか、また、歩み寄ることができるかどうかが大切なことなのです。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

結婚してはいけない男性の見分け方!【YouTube婚活動画】

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今回のYouTube婚活動画は「結婚してはいけない男性の見分け方!」というテーマです。

お相手を希望条件で探せるのは結婚相談所のメリットのひとつですが、条件ばかりに捉われてお相手の本質を観ないでいると後悔することになります。

そこで、今回のYouTubeでは結婚してはいけない男性の見分け方を5つの項目で具体的にお話しております。

【結婚してはいけない男性】

1■浪費癖がある

2■転職を繰り返している

3■マザコン気質である

4■自己中心的

5■モラハラ気質

ぜひ、ご視聴ください。

結婚してはいけない男性の見分け方
https://youtu.be/y2rWCXHCAI0
ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

年の差婚のメリット!


こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

婚活において、男性はご自分より5歳以上年下の女性を希望し、女性は、できれば年の近い人を望む傾向にあります。

よく「年齢差のある結婚は上手くいくのでしょうか?」というご質問を受けますが、個人差がありますので年齢差があることのみで、良し悪しを判断することはできません。

夫が妻より10歳以上年上の場合、ある部分で娘のような関係になり、ゆき過ぎない程度のわがままは許せますし、逆にそういうところが可愛いというように思えるようです。

一方、妻の方が夫より10歳以上年上の場合、夫の精神的な幼さも母性本能で包み込めるといいます。

つまり、年の差婚のメリットは、喧嘩の回数が少なく、離婚にまで発展しにくいといえるようです。

相性が良ければ 「年の差婚」も、なかなかいいものです。

相性というものは不思議なもので、性格が全く違う2人、例えば【気長な夫に短期な妻】【無神経な夫に神経質な妻】【内向的な夫に社交的な妻】【オデブちゃんとガルガリさん】【ノッポさんとオチビちゃん】の例のように、真逆であっても相性が良いカップルもあります。

先入観を持ってお相手を見ないように意識することが大切です。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

成婚に繋がりやすいのは大らかな人!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

婚活を始めるにあたって、お相手への希望条件などを詳しく聞き取ります。

「私、普通にコミュニケーションが取れれば大丈夫ですので多くは望みません」という人に限って、いざ活動を始めていると細かいことにこだわる傾向にあります。

婚活では、成婚できやすい人と、できにくいタイプの人がいます。
その違いは何かといいますと、成婚できやすい人に共通しているのは、お相手の細かいことを気にしない大らかさを持っているという点です。

逆に細かいことを気にしすぎる人は成婚できにくいといえます。

では、具体的に細かすぎる人の特徴をお話していきましょう。

1■お相手への希望条件が細かすぎる

お相手からのお申込みを受けたり、自分からのお申込みをためらって、なかなかお見合いをしない人がいます。

まず、プロフィールの解釈の仕方が細かすぎます。

例えば、プロフィールに「健康のためにスポーツジムに通っています」と書いてあれば「うわ、私にもジム通いを望むのかな?断ろう」とか、女性が「お料理を勉強中です」と書いてあると「ということは、料理ができないのだな。断ろう」と深読みする人がいます。

実際のところは、お会いして話してみないと分かりませんので、細かいところに引っかかってばかりだと婚活が進みません。

また、お相手への希望条件が細かすぎてもお相手探しの範囲が狭くなります。

実際にあった例ですが、ご自分の居住地に近いところ、例えば「大阪府高槻市」限定とか、お相手の希望職業は看護師のみとか、これでは結婚まで年月がかかりすぎます。

2■お相手の細かいことをチェックしすぎる

お見合いの時や交際に入ってからお相手のチェックが厳しすぎる人がいます。

実際にあった例です。

交際に入ってファーストデートの時にごちそうになったそうですが、その時に彼が取りだした財布がボロボロだったので急に嫌になり交際終了を希望した女性がいました。

ちなみにダサいカバンを持っていたので交際終了にする女性も多いです。

また、食べ物の話になった時に「彼はうどんが好き、自分はパスタが好きなので合わないと思いましたとか、LINEで彼女の絵文字の数が少ないので可愛くないです。交際終了にしてください」とかいう人がいますが、細かすぎませんか?

細かいことをチェックしすぎる人は、お相手を知る入り口でシャットアウトしてしまうので内面を知るところまでたどりつけません。

はじめから何もかも100%一致するお相手はいません。

そこで、何のために婚活をしているのか考えてみてください。
お相手の荒探しをするのが目的ではありませんよね。

木を見て森を見ずという言葉があります。

些細なことにこだわりすぎると本質を見落とすことがあるという意味です。
細かいことを気にしすぎたり、お相手の悪いところばかりを見る癖がつくと、もっと大きな大事なことが見えなくなってしまいます。

お相手のことが生理的にダメな場合は無理をしなくても構いませんが、折り合いをつけていく、直せることは協力するなど、大らかな気持ちを持つことも大事です。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

お見合いのお返事に迷ったらどうする?

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いのお返事は、翌日のお昼頃までに相談所の方に頂くことになっていて、お互いが交際希望の場合は、相談所を通じて電話番号の交換になります。

ところが、お見合いの返事をどうしようかと迷ってしまい、約束のお時間までに決められなくてお相手を待たせてしまうということがあります。

第一印象が良ければ迷わず「交際希望」で、逆の場合は「お断り」になるのですが、迷ってしまうのは「嫌なところは無いけれども特に良いとも思えなかった」という理由が多いようです。

そういう場合は、もう一度お会いしてみることをお薦めしています。

お見合いの席では、緊張していて自分らしさを発揮できなかったかもしれませんし、1回お会いしただけでは、お相手の内面までは分かりません。

2回、3回と会っていくうちにお見合いの際には気付かなかった良いところも見えてくるかもしれません。

そして、大切なのはお相手の欠点を探すのではなく長所を見つめるということ。

そのうえで、ご自身との相性が良いかどうかを判断してくださいね。

迷った場合は断わり癖をつけるのではなく、もう一度お会いする!

その積み重ねがご縁を呼び込みます。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.jp