ファーストデートのお店選び


こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。

交際に入って初めての食事デート、
お店選びはどうしていますか?

女性会員さんから
「交際に入ったお相手から、お店をどこにするか
お任せします。と丸投げされました。
お店を選ぶのは男性の役割だと
思うのですが」というご相談をよくお受けします。

女性の立場から言えば、
男性がスマートにお店を選んで、
予約まで入れてくれると嬉しいですし、
頼りになると思いますよね。

しかし、男性の立場になってみると、
まだあまりよく知らないお相手が
喜んでくれるようなお店選びに自信が無い。
だから任せた方が失敗はないのかな?と
考える人も多いようです。

ここで知っておきたいのが、
男性と女性の脳(考え方)の違いです。

男性は、女性に比べて新しいことに慣れるまで
時間がかかります。
そのため『なじみの店』『行きつけの店』に
行った方が落ち着きます。
しかし、なじみの店というのが居酒屋だとか
定食屋さんだとすると、
初めてデートをするお相手を誘えませんよね。
だから、お店選びをすごく悩むのです。

以前、実際にあった失敗例ですが、
彼はファーストデートで、
オシャレなワンピースにハイヒールを履いた彼女を
なじみの餃子屋さんに連れて行きました。

その結果、彼女から私の元に交際終了の連絡が
入ったのです。どうしてだか分かりますか?
ポイントは彼女のファッション。
餃子はとても美味しかったそうですが、
ワンピースには餃子の匂いがつき、
ハイヒールは油でベタベタに。
せっかく彼のためにオシャレをして出かけたのに
悲しくなってしまったということです。

彼としては美味しい餃子で喜ばせたかった
一心だったのでしょうが、
お店に誘う前に彼女に一言、
相談すれば良かったですね。
そして今後は、お相手の服装を見て
《察する力》を身につけることができれば
イケメンに前進です。
『なじみのお店』には、もっと仲良くなってから
一緒に行けばいいですね。

一方、女性は新しい物好きですので、
できるだけ新しいお店に行きたいと思います。

そこで、男性からお店選びを任されたときは
一緒に考えるように提案すればいかがでしょうか。
何が好きなのか、どんなものを食べたいのか、
お互いにリクエストし合って、最終的なお店選びは
出来る方がすればいいと思います。

ただ、現在はコロナの影響でお店探しが
難しい状況です。
営業時間の短縮に加えて、
ソーシャルディスタンスを確保するために
予約のお客様のみの入店というところも
多いようです。事前にリサーチをして、
当日困らないようにしましょう。

男性は失敗を恐れますが、
女性はそれほど結果を気にしません。
むしろ一生懸命に探してくれたこと自体を
嬉しく思うのです。

円満な結婚生活とは、お互いに何でも話し合って
協力し合うことで築くことができます。

最初の一歩のお店選びから、
二人で力を合わせましょう!

婚活に対する温度差

こんにちは
大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の
林ゆかりです。

「1年以内に結婚するぞ!」と
目標を決めたN子さん(34歳)は、
真剣に婚活に臨み、お見合いを重ねています。

しかし、ここのところ立て続けに、
結婚に対してあまり真面目に考えていないと
思えるお相手との出会いが続き、
気持ちが沈みがちに・・・。

A男さんからは、彼女は大阪に住んでいるのに
「お住まいの奈良は観光で行きますが
良いところですね・・」と言われたとか。
きっと別のお見合い相手のプロフィールと
間違えたのでしょうね・・・。

職業や家族構成を勘違いされていて
お話が噛み合わなかったというご報告が
時折ありますが、特に家族構成の勘違いは
あってはいけません。

別の会員さんですが、親御さんが存命なのに
亡くなっているという思い込みでお話しをされて
とても不愉快な思いをしたというケースも
ありました。

複数の方とのお見合いが続くと、
お相手の情報を他の方と勘違いしてしまうと
いうこともあるようですが、
お見合い前にお相手のプロフィールを
しっかりと読み直し把握するようにしましょう。

B男さんからは「結婚願望が無いのに親が勝手に
相談所に登録した」と言われたそうです。
これも失礼ですよね・・・。
しかし、ちょっと待って!!
この方の場合は、実際にお見合いに
来ているわけですから、
全く結婚願望がないとは言えないのでは?
ご本人の意思に反して、
親御さんが勝手に登録した場合、
ご本人は実際には動きません。
婚活をしているという事実が、
なんとなく照れくさくて、
そのような言い方をしてしまったのかも
しれませんね。
でも、お相手は一々、深読みはしてくれません。

最近、婚活をしている人の気持ちの温度差を
感じることがあります。

■真剣度の高い人は、休日はお見合いのために、
デートをするために優先的に空けている。
仮交際に入ってから
マメに連絡を取ろうと努力をする。

■なんとなく婚活をしているという人は、
趣味や友人との約束などを優先しがち。
仮交際に入ってからも、LINEの返事が遅く
電話のコールバックをしない。

結婚相談所における婚活とは、
友人や恋人探しをするのではなく、
生涯のパートナーと出会うということが目標。

お見合いは、色々な職業・地域・様々な価値観の
人など、普通の暮らしの中ではお会いできない
方々と巡り会えるという素晴らしいシステムです。

一生、婚活が続くわけではありませんので、
ぜひ、活動期間は真剣な気持ちで臨んでください。

さて、N子さんですが、
残念だったお見合いも経験と思い、
前に向かって進んでいますので、
きっと本当のご縁が近づいてきていると信じております。

皆さんも、結婚に向けて
一つ一つの出会いを大切にするように
心掛けてくださいね。

梅雨を元気に乗り越えて婚活に励みましょう!

こんにちは
大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。

今日7月7日は七夕。
織り姫と彦星が年に一回会える日ですが、
梅雨の真っ只中ですので、
毎年のように雨が降っていますね。

雨が降ると天の川の水かさが増すため、
会うことができないという伝説がありますが、
二人が分厚い雲の上でなんとか会えることを
祈ります。

ところで、毎日降る雨で、
なんとなく気分がすっきりしない、
心が沈みがちな状態になっていませんか?

7月に入り「よし、頑張るぞ!」と、
いったんは婚活にも気合いを入れたものの
梅雨の影響で体のだるさや頭痛など体調不良を
感じる方も多いようです。

人間は朝、太陽の光を浴びることで
幸せホルモンであるセロトニンが
脳内に放出されますが、連日の雨で不足ぎみに。
そうなると、やる気がでなくて、
気分が沈みがちになります。

そこで、お勧めなのが『掃除』。
婚活中に悩みや迷いが生じ
「上手く自分の気持ちをコントロールできない」
という方には、
お部屋の掃除をすることを勧めています。

脳科学的にみると、部屋の状態には、
その人の脳の状態が投影されるそうです。
つまり、心が不調になると部屋も荒れると
いうわけです。

部屋を綺麗にすると心がスッキリしたという
経験はありませんか?

掃除をすると、気分を調整する
セロトニンが増えるので、
脳の中が沈静化しストレスがとれます。

太陽の光からセロトニンをもらえないのなら、
掃除をして自分で出しちゃいましょう。

部屋が整理整頓されると、
心の引き出しも整理され活力も沸いてきます。

是非、お試しいただいて、
梅雨の時期を元気に乗り越えましょう!!

男女の恋愛感情カーブの違い💖


こんにちは
大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。
お見合いシステムでは、お見合い後、
お互いに「次回またお会いしたい」と
希望された場合に相談所を通じてお電話番号を
交換します。

その後、交際を続けていくためには初めが肝心。
そこで、知っておくと役立つのが
「男女の恋愛感情カーブの違い」です。
どのように違うのかといいますと、
男性の恋愛感情カーブは頂点から下がっていく、
女性のカーブは逆で、下から少しずつ上がって
いきます。

一般的に男性は、OKのお返事をいただくと
感情がピークに達してしまい、
なかにはお相手のことを早くも
「俺の彼女!」なんて、
思い込んでしまう方もいらっしゃるようです

一方、女性は
「これからじっくりお相手を観ていこう」
という冷静な気持ちでいますので、
男性からの毎日の電話や、一日に数多くのLINEなど
積極的すぎるアプローチを受けてしまえば
重苦しくなって気持ちが退いてしまいます。

よくある失敗例として、
気持ちが盛り上がりすぎた男性が、
お見合いやファーストデートの別れ際に、
握手を求めたり、
いきなり手を握ったりすることがあります。

しかし、まだ気持ちが追いつかない女性側としては
一気に冷めてしまい交際終了を告げることになります。

「交際中」という表現を使っていますが、
お見合い後しばらくは、
まだ『仮交際』というニュアンスといえます。

男性は、舞い上がらずに焦らず
落ち着いて行動するようにすることが大切。

また、女性は、お相手の細かいところまで
チェックしすぎないようにして、
良いところをみつけるようにしましょう。

育ってきた環境が違うのですから
「距離感」や「価値観」などが違うのは当たり前。

お互いを尊重できるのか、また、歩み寄ることが
できるかどうかが大切です。

そして、男女の恋愛感情カーブが交わるところが
プロポーズの最高のタイミングです!!

タイミングを逃さないためにも、
コミュニケーションをしっかり取り合い
お互いの気持ちを確かめ合うように努めましょう!

ソーシャルディスタンスとパーソナルスペース

こんにちは
大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング』の
林ゆかりです。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、
現在お見合いで利用するホテルのラウンジは
ソーシャルディスタンスが実施されています。

2人で利用する場合、
4人掛けのテーブル席に斜め向かい合わせに着席、
隣のテーブルは空席にするという徹底ぶりです。
つまり、元々の座席数の半分のみを利用する形と
なっています。

ソーシャルディスタンスとは
「社会的距離」という意味の言葉。

今回の新型コロナウイルスの様な感染症の拡大を
防ぐために人と人との距離のことを指しており、
具体的にその距離は2Mとされています。

最近では、電車やバスの中でも、
空いている座席があっても詰めて座る人が少なく
なってきていますね。

さて、人はそれぞれ、
「パーソナル・スペース」を持っています。
「パーソナル・スペース」とは、
コミュニケーションをとる相手が
自分に近づくことを許せる自分の周囲の空間
(心理的な縄張り)のことです。

具体的にどのような距離になるかといいますと、
家族や友人など『親密な関係』が45cm以内、
友人などと会話をする『個人的な関係』が
45cm~120cm、
職場の同僚と一緒に仕事をするときなどの
『社会的距離』は120cm~360cm、
そして公式的な場で対面するときの
『公式的関係』なら360cm以上となります。

男女の関係では、
短い距離に入ることができれば、
恋愛対象として認識してもらえているか、
相手に好意を持ってもらっているかどうかの
目安になります。

お見合いにおいて、意識したいのが、
このパーソナル・スペース。
距離感は、おかれている状況により
個人差はありますが、
一般的には女性は男性より狭いとされています。

空間的なことだけではなく、
心のパーソナル・スペースにも
配慮しなくてはいけません。

初対面のお見合い時に、お相手に
自分の価値観を必要以上に押し付けたり、
プライベートなことについて
質問攻めにする人が、時折います。
受けた側は、人間関係ができる前に
心の中に土足で踏み込まれたような
気持ちになり拒否反応を示してしまいます。

何事においても段階を踏む必要があります。
人それぞれにパーソナル・スペースを
持っていることを意識しましょう。

そして、お相手のパーソナル・スペースに
踏み込みすぎないよう、
上手く距離感をはかりながら
お互いに心地良いコミュニケーションを
目指してくださいね。