婚活における年の差婚💖

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

歌手のT.M.Revolutionこと西川貴教さん(49歳)が
かねてから交際していた一般女性と結婚したことを
発表しました。
交際相手は23歳年下で26歳の元フリーアナウンサー。

西川さんにとっては2度目の結婚
(元奥様はPUFFYの吉村由美さん)になります。

23歳差??
親子といってもおかしくない年齢差ですよね。

でも芸能界では、さほど珍しいことではなく
例を挙げてみますと、
■石田純一さんと東尾理子さんは22歳差
■市村正親さんと篠原涼子さんは24歳差
■TOKIO城嶋茂さんと菊池梨沙さんは24歳差
そして年齢差1位は
■加藤茶さんと綾菜さんの45歳差です!

さて、婚活においては、30代、40代の男性は
5歳以上年下のお相手を望む傾向にあり、
女性は同じくらいの年から5歳上まで、
なかには「私は年下でも全然OK!」という人もいます。

また、50歳以上の男性で子供が欲しい人は35歳
くらいまでの女性を希望する人が多いです。

しかし、その場合、男性に年の差を超える魅力が
あることが必要になります。

もちろんお人柄の良さが一番ですが、
お見合いではプロフィールでお相手を選びますので
会えなければ先に進めません。

女性がウンと年上の人に求めるのはズバリ
「経済力」と「ルックス」です。

ルックスは、モデルのようなイケメンでないと
いけない!ということではなく、
清潔感があって健康的、オシャレ、
実年齢より若々しい雰囲気であることが必須です。

例に挙げた芸能人は上記のことを
すべて兼ね備えていますので、
大きな年の差婚も実現するというわけですね。

希望通りに婚活が進めばよいのですが、
お見合いが成立しにくい状況が続けば、
年の差婚まではいかなくても少し許容する
年齢の幅を広げるというのも一つの方法です。

婚活において年齢は重要な条件となりますが
年齢だけでは判断できないことも多くあります。

お相手の職業、趣味、家族、お人柄(性格)
自分との相性など、総合的に見て判断することが
大切なのです。

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

婚活におけるコロナ観の違い💙

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

コロナウィルス感染拡大を予防するために
私たちの生活様式は大きく変わりましたが、
最近、少し慣れてきたと思いませんか?

■マスク着用
■手洗い、手指の消毒
■ソーシャルディスタンス
(身体的距離の確保)などが
自然に実践されるようになり、
新しい生活様式が定着しつつあるように
感じます。

ところが、婚活においては、
新しい婚活様式にまだ馴染めないという方が
多くいらっしゃるようです。

お見合いですが、実際にお会いする対面か、
オンラインお見合いを希望するかを
会員さんが選べるようになっています。

どちらでも構わない場合は、
話し合って決めますが、
希望が一致しない場合は
お見合いが成立しません。

まず、初めの段階でコロナ禍での
婚活に対する価値観が異なるとお会いできない
というわけです。

また、お見合い後、交際に入っても、
コロナが怖いため、デートの日程を
先延ばしにすることを繰り返していると
進展が望めません。

一方、コロナ禍でも成婚したカップル、
交際が順調に進んでいるカップルも多くいます。

感染予防を徹底すれば外でのデートも楽しみたい
という考えが一致したカップルは、
密になりにくい公園や神社、
テラス席のあるカフェなどでデートを重ねて
めでたく成婚!

高齢の祖父母と同居のAさんと
医療機関にお勤めのB子さんのケースは、
コロナに対し慎重という考えが一致しているので
オンラインデートをほぼ毎日続けた結果、
真剣交際に入りました。

コロナ禍での婚活は、コロナに対する価値観が
近い人との方がスムーズに進みますが、
状況によって、オンラインお見合いや
オンラインデートを取り入れる。
お相手の考えも尊重するといった柔軟な姿勢も
大切です。

結婚は、お互いに
「思いやりの気持ちを持つことから始まる」
ということを忘れないでくださいね。

愛されるメール術💖

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

お見合いの時は、お相手に好感を持っていたのに
いざプレ交際に入りメールやLINE交換をしている
間に気持ちが落ちてしまった、というご相談を
よくお受けします。

まず、気を付けなければいけないのは
メールを送るタイミングです。

まだ知り合ったばかりの2人にとっては
タイミングって難しいですよね。
一番嫌がられるのは
朝早すぎたり、深夜の時間帯のメール。
常識の範囲内の時間帯に送信するように
しましょう。

また、「すぐにレスが欲しい」
「たくさんメールを送って欲しい」という
思いを強要してしまうと自分勝手な印象を
与えてしまいます。

受けた側は、返信はすぐにレスは無理でも、
お相手をイライラさせるまで待たせないように
努めましょう。
忙しい時でしたら「今、出先ですので後程
ゆっくり返信しますね」と、
一行でも構いませんので送信すれば
お相手を安心させることができます。

では、どうすればベストなタイミングで
メールを送ることができるのでしょうか。

それは、お相手の生活パターンと感覚を
把握すること。

お見合い後の初めての電話の際に、
率直にメールについてのタイミングや
頻度について、お互いに確認しあってみては
いかがでしょうか?

さて、メールには愛されるメールと
嫌われるメールがあります。

愛されるメールとは
■読むと癒されて元気が出る
■思わず笑ってしまうセンスのある内容
■優しさや思いやりが伝わる
■短かすぎず、長文でもない簡潔なメール
■欲しい情報がある
■気持ちが温かくなり、励まされる

お相手の状況や気持ちを考えたうえで
「元気になれる」「楽しくなれる」ような
ポジティブな内容が喜ばれます。

逆に「でも~」「だけど~」というような
否定的な言葉や、言い訳ばかりのネガティブな
内容はNGです。

コミュニケーションをとる手段として
メールやLINEを利用するのは当たり前の時代。

しかし、使い方を間違えば誤解を招いて
しまったり、人間関係を悪化させてしまう
ことがあります。

お相手を気遣う気持ちを大切にし
二人の距離を縮めるようにしてくださいね。

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

女性が結婚したいと思える男性とは❓


こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

前回は、男性が結婚を考えるタイミングと
結婚相手に求める女性像について書きましたが
今回は、女性について分析していきましょう。

女性が結婚願望を抱き始めるのは25歳くらいで
30歳(アラサー)が近づくと、
20代のうちに結婚したいと強く思うように
なります。

子供を望む場合は、タイムリミットが
ありますので30歳を過ぎたころに結婚相談所に
登録する人が多いのですよ。

また、取り組んできた仕事が一段落したので
結婚を考えるアラフォー女性も増えてきました。

さて、女性が結婚したいと思える男性とは?

会員の皆さんのほとんどが、一番に挙げるのは
■経済的に安定している人
これは極端に高年収の男性を望むということ
ではなく、安定した職業についていて浪費癖の
ない人という意味です。

性格的な面で希望されるのは、
■真面目で誠実
■穏やか
■優しくて思いやりがある
■決断力がある(頼りになる)
■素直
素直に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えて
くれたり、手作りのお料理を「美味しい」と
言ってくれると嬉しいですよね。

他には
■何か一つでも尊敬できるところがある
■家族を大切にしてくれる
■家事を分担してくれる
といった希望条件を挙げられます。

ところで、好きなタイプと結婚に向いている
男性が一致すればいいのですが、
そうでない場合も多々あります。

極端な例ですが、危ない雰囲気の人に
魅力を感じたことはありませんか?

危ない男性というのは、自由で女性の扱いにも
慣れていますので口が上手いのですよね。
真面目なだけの彼だと物足りない、
面白くないと感じる女性は、
他にも付き合っている女性がいるのでは?
と薄々気付きながらもハマっていく傾向に
あります。

結婚に向かない男性は、
■感情の起伏が激しい
■自由奔放(浮気をする)
■優柔不断
■金遣いが荒い(貯金ができない)
彼氏ならまだしも、こういうタイプの人と
結婚すると毎日が不安で精神的に持ちません。

ワシントン大学の調査によりますと、
結婚相手は、誠実性が高い人を選べば
幸せになれるという研究結果が出ています。

また、結婚生活では、
金銭感覚が重要なポイントになります。

これまでの金銭感覚はなかなか変えること
が難しく、妥協点が見つけにくいですので、
事前にしっかりと確かめ合ってくださいね。

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

ヒゲダンで考証する結婚のタイミング

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

会員さんのプロフィールを作成するにあたり、
趣味や得意なことなどをお聞きするのですが
「好きなアーティストは?」とお尋ねすると
20代~40代女性のほとんどの方が
「Official髭男dism」とお答えになります。

今、大ブレーク中のOfficial髭男dismは
2012年に結成。
2015年にミニアルバム
「ラブとピースは君の中」をリリースし
デビュー。
2018年Major 1st Single「ノーダウト」で
メジャーデビューを果たしました。

彼らが生み出す巧みな音づくりと
歌詞の世界観は私も大好きですが、
今回はメンバーの結婚について
焦点をあててみましょう。

■ギターの小笹大輔さん(26歳)
昨年7月に一般女性と結婚。
■ヴォーカルの藤原聡さん(29歳)
昨年11月に一般女性と結婚。
■ドラムスの松浦匡希さん(27歳)
昨年12月一般女性と結婚。
■ベースの楢崎誠さん(31歳)
今年2月に元E-girlsの山本紗也加さんとの
結婚を発表しています。

小笹さんの結婚から約7か月以内に
メンバー全員が結婚するって
すごくないですか!?

3枚目のシングル「宿命」
4枚目のシングル「I LOVE」が発売され、
アーティストなら誰もが憧れる
日本武道館でのライブも成功を収めたころ
での結婚です。

4人中3人は、かねてから交際をしていた
一般女性ということですので、
彼の夢を応援し支えてきたのでしょう。

男性が結婚を考え始める時期は、
仕事にも慣れ、ある程度の貯金や
社会的地位を築き始めた30歳ごろが
多いようです。

年齢的にもそろそろ子どもが欲しいと
思ったり、友人や職場の先輩の結婚に
刺激を受けたり、
親を安心させたいというのも動機と
なっているようです。

結婚相手ですが、少し前は職場や親せきの
紹介なども多くありましたが、
最近では出会いの機会が
少なくなってしまったことから
結婚相談所を利用する人が増えてきています。

30代で結婚を考えずに40歳を超えて
結婚相談所に登録をする初婚男性は、
30代は仕事が忙しすぎて余裕が無かった、
趣味などに夢中になっていたが、
そろそろ身を固めたいと思ったという
ことなどが動機のようです。

さて、男性が結婚相手に求める女性像とは
■穏やかで癒してくれる
■精神的に自立している
■ともに高め合える
■料理が好きで家庭的
■明るくて健康
■共通の趣味があると、なお良い
■自分の親や親せきと上手くやっていける
■彼女と一緒に居たら幸せ

結婚相手に求めるのは、
女性としてだけではなく、
人としての魅力が重要になります。

恋愛相手と結婚相手に求める条件が
違うことがいくつかありますので、
婚活中の女性は、これらのポイントに
気を付けてみてくださいね。

「stand by you♪」
ブライトウェディングは、
婚活中のあなたを応援しています!

https://www.brightwedding.jp