婚活と山登り!【今日は山の日】

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今日8月11日は「山の日」。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として2014年に制定されました。

先日、30代のカップルが共通の趣味である「登山」をきっかけに意気投合し成婚しました。

最近、プロフィールの趣味欄に「登山」と書いている人が増えてきています。

近年の登山ブームに加え、新型コロナウィルスの感染リスクの低さから登山が注目され、人気が増していると思われます。

「山ガール」という言葉もすっかり定着しましたね。

関西では、標高1377メートルで滋賀最高峰の伊吹山や京都の愛宕山、奈良の若草山や兵庫の六甲山など、絶景や自然を満喫できる山がたくさんあります。

また、足を延ばして、世界文化遺産の富士山に登りたいという人も多いようです。

婚活は登山に似ているところがあります。

富士山は3776m、日本一高い山。

五合目までは簡単に行けるらしいです。
半分ですね。

でも、そこからは危険が伴います。

落石、滑降、天候急変、それに高山病です。

若い人が、一気に八合目まで登り、そこで倒れて運び降ろされるということが、後を絶たないそうです。
面白半分で登れる山では無いようです。

頂上で「ご来光」を拝むためには、それ相応の準備と訓練をする必要があるのです。

婚活とは、まずは1つの山の頂上を目指して歩んで行くこと。

多分、富士山と同じように五合目ぐらいまでは易々と進めます。

つまり何度かのお見合いや、短期間の交際はできるわけです。

でも、富士山が季節によって、その姿を変える様に、お相手が思っていた人とは違って見えたり、または意見の違いで落胆したり・喜んだり、自分自身も変わっていったりします。

それでもまだ五合目なのです。
後半分、色々な試練と洗礼を越えて八合目から頂上へと進んで行きます。

そこまで進めたら五合目までは1人歩きだったのが、2人になって歩いていることに気付きます。

頂上につくには2人が力を合わせて登らなくては到達しないからです。

頂上からの眺めを2人で見ることができる幸せのために難行ともいえる道程を進むのです。

そして、認識しないといけないのは、頂上はゴールではないということ。

問題はその後、同じ道程を、または登りよりも長い下り坂を2人でいかに進んでいくかということが、人生の課題ではないかと思います。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

プロフィール作成の注意点!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

結婚相談所に登録して、まず、はじめにプロフィールを作成します。
多くの方の中から選んでもらうには魅力的なプロフィールを作ることが大切ですが、間違ったプロフィール作りでは逆効果になってしまいます。

では、プロフィール作成でやってはいけないことをお話していきましょう。

1■写真を盛りすぎる!

お見合い後、男性からのお断りで一番多いのが、プロフィール写真と実物が違いすぎるという理由です。
お会いした瞬間に気持ちが落ちてしまうようです。

プロフィール写真は、ほとんどの人が写真スタジオでヘアメイクをしてもらい、カメラマンさんに撮影してもらっていますので、当然、普段の自分よりレベルアップした仕上がりになります。

その人の良いところを引き出して、自然に会いたいと思えるような写真を撮影してくださるのですが、修正や加工をお願いする人が結構いるようです。

気になるシミ、シワぐらいならいいと思いますが「目を大きく、鼻を小さくしてください」というようなリクエストは別人になってしまいますので、よくないですね。

実際にお会いして、相手にがっかりされてしまったら意味がありませんので極端な修正は依頼しないようにしてください。

2■プロフィールを盛りすぎる!

誰にでもあてはまる雛形のような文章ではなく、あなたならではのPR文を書くことが、お相手から選んでいただけるコツといえます。
しかし、盛りすぎはよくありません。

時々、お見合いでお会いしたお相手男性がプロフィールの自己PRの印象と違い過ぎたという話を聞くことがあります。

自己PRには、「穏やかで優しいと周りからよくいわれます、と書いてあるのに、ラウンジでコーヒーが運ばれてくるのが少し遅かったことで店員さんに思いっきり切れていらっしゃいました」という報告がありました。

おそらく、その自己PRは仲人さんが女性受けするように書かれたのではないかと推測します。

女性のプロフィールでは、実際には料理をほとんどしないのに、男性受けするように「レシピを観ながら新しいレパートリーに挑戦中です」と書いてあるので、その話題になった時に女性がうまく答えられなくて気まずい雰囲気になったという報告がありました。

それから自己PRに「私は年齢より若く見えると、よく言われます」と書くのも良くないと思います。
ご自身が年齢にコンプレックスを感じているように捉えられますので、どうしても書きたいのなら相談所からのPR文にカウンセラーからの目線で載せてもらいましょう。

3■短すぎる、長すぎるプロフィールはNG

自己PRですが、「私は真面目な性格です。一緒に幸せになりましょう」と、この1行で終わっている人がいますが、それでは、その人について知ることができません。

長すぎても、読むのに疲れますし、一番伝えたいことがぼやけてしまいます。
また、自己主張が強い人かな?という印象を与えてしまいます。

文章の長さは、400文字から600文字ぐらいが適切だと思います。
等身大の自己PRと未来のパートナーと共有してみたいことや、一緒に幸せになるために行いたいこと、自分が大切にしていることなどを具体的に書きましょう。

4■プロフィールの空欄が多すぎる

プロフィールですが、現在住んでいる都道府県、職業など必須項目を記載しないと登録できませんが、一部は空欄でも登録ができるようになっています。

個人情報をあまり知られたくないという理由などから住んでいる場所や家族欄を空欄にする人がいますが、情報量が少ないと「何か訳があるのかな」と警戒心を抱かれてしまいます。

例えば、兵庫県在住と記載されていても範囲が広すぎるため、お相手の居住地にこだわりがある人はお申し込みを躊躇してしまうということがあります。
どうしても開示したくない人は兵庫県南部とか、何かヒントを書かれることをお勧めします。

家族欄も空欄ですと同じような家族構成を希望している人にとっては参考材料がありませんのでお申込みをためらってしまいます。

そのような理由から、項目をすべて埋めている人にはお申込みが数多く入ってきますし、申し込んだ場合も受けていただきやすいということになります。
ですから開示できる内容は記載されることをお勧めします。

ぜひ、いまいちどご自分のプロフィールをチェックしてみてくださいね。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

婚活における蛙化現象!【YouTube婚活動画】

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今回のYouTube婚活動画は「婚活における蛙化現象」というテーマです。

蛙化現象とは、ずっと好きだった彼が振り向いてくれたとたん、相手のことを「気持ち悪い」と感じてしまう現象のことです。
この現象に悩んでいる婚活女性が今、増えています。

蛙化現象の由来は、グリム童話の「蛙の王様」です。

この童話は気持ち悪いものとして扱われていたカエルが王子に変身しますが、蛙化現象は反対で、自分にとって王子のような存在だった人に嫌悪感を抱くという現象です。

婚活において、この蛙化現象に陥ってしまうと、結婚したいのだけど、実際にお相手と距離が縮まると嫌悪感を抱いてしまいます。

YouTube婚活動画では、蛙化現象になりやすい人、治し方について詳しくお話しています。

ぜひ、ご視聴ください。

「婚活における蛙化現象!」
https://youtu.be/_tNB-VSoKmQ

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

夏のお見合いでは熱中症にご注意を!


こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今週末も多くのお見合いが予定されていますが、夏のお見合いでは暑さ対策にお気を付けください。

7月中頃からお見合いに向かう途中で、めまい・ふらつきなどが起こり、お見合い場所に向かうことができずに延期になったという事例が複数ありました。

症状は、熱中症のようです。

男性は、無理をしてスーツにネクタイを着用しなくても構いません。
夏のお見合いはクールビズで大丈夫です。

女性も涼しい服装で、移動は日傘で暑さを避けてください。

緊張感と疲れなども重なって熱中症を引き起こすことがありますので日常生活で予防することが大切です。

バランスのよい食事やしっかりと睡眠をとるなど、体調管理をすることで熱中症にかかりにくくなるそうです。

食事は、エネルギーに変えるビタミンB1がないと体は疲れる一方です。
ビタミンB1は、豚肉や豆腐、ウナギ、ぬか漬け、味噌、玄米などに多く含まれています。

また、免疫力を高めてくれるビタミンCも積極的に摂るといいとか。
ビタミンCは、パプリカやゴーヤなどカラフルな夏野菜に多く含まれています。

栄養バランスの取れた食事をするように心掛けて、暑さに負けない体作りをしましょう。

お見合い当日は、余裕をもって早めに出かけるようにしてください。
万が一、お見合いに向かう途中で少しでも体調が悪くなったら、涼しい室内や日陰に入って水分・塩分を補給しましょう。

どうしてもお見合い場所に向かうのが難しければ、無理をしないで相談所に連絡を入れるようにしてください。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

LINEを送るタイミング!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いの時は、お相手に好感を持てたのに、いざ交際に入り、LINEを交換をしている間にトーンダウンしてしまったというご相談をよくお受けします。

その理由のひとつはタイミングです。

まだ知り合ったばかりの2人にとっては、LINEを送るタイミングは難しいですよね。

「え、何のこと?」と相手が戸惑ってしまうほどの時間差のLINEは問題外です。

すぐに返信は無理でもお相手をイライラさせるまで待たせてはいけません。

また、「即レスが欲しい」「たくさんLINEを送って欲しい」という思いが強すぎても自分勝手な印象を与えてしまいます。

では、どうすればベストなタイミングでLINEを送ることができるのでしょうか。

それは、お相手を気遣うことです。

お相手を気遣うとは、相手の生活パターンを把握すること。
相手の感覚を知ることです。

もし、自分の感覚ばかりを大事にするのなら、LINEのベストなタイミングはずっと掴めないと思います。

お見合い後の初めての電話の際に、率直にLINEについての感覚やタイミングについてお互いに確認しあってみてはいかがでしょうか?

LINEは、気軽に気持ちを伝えられるツールだからこそ、相手と自分の距離感や温度差を意識することが大切なのです。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp