婚活は慎重すぎても上手く進まない!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

昨日、ブライトウェディングの20代女性と30代男性が真剣交際に入りました。

20代、30代のカップルは、好きという気持ちがあれば、あまりあれこれ考えずに結婚を決める勢いがあるのですが、年齢を重ねるにつれて特に女性は先のことを考えすぎて慎重になる傾向にあるようです。
特にアラフォーになると、その傾向が多く見られます。

アラフォー女性にとって、お相手の条件で学歴や身長以上に気になるのは、家族構成と預金額(資産)のようです。

アラフォー女性の対象になるのは40代、50代の男性ですので親御さんの年齢も当然高くなります。
自分が、夫となる人の親の介護をすることになるのか心配となり、兄弟のいない人や長男を外す、すでに親御さんが施設に入所している人や入所予定の人を選ぶという人がいます。

また、お相手が40代後半、50代の場合は、定年が近づいていますので、預金額や資産が気になるようです。

実際にあった話ですが、弊社の50代高年収の男性がお見合い時にいきなり「資産はどのぐらいありますか?」と聞かれたそうです。

また、シングルファーザーの会社経営の男性がお見合い時に預金額を聞かれた後に「もし、結婚してあなたが死んだらお子さんは誰が面倒を見るのですか?」と聞かれて絶句したという報告がありました。

確かに失礼な質問です。
特に人の生死にかかわるようなデリケートな発言は避けるべきです。

ただ、彼女たちに悪気は無かったと思います。
心配性すぎるために先々のことを考えすぎたのでしょう。

アラフォー女性の結婚が難しいといわれているのは、彼女たちの心配性すぎる考え方がお相手探しの範囲を狭めているというのも理由のひとつです。

リスクを少なくしたいというお気持ちもわかりますし、人生の計画を立てることは大切ではありますが、それ以前にお相手のお人柄を見つめ、自分との相性を確かめることが大切。

年齢問わず、何が起こるか分からないのが人生です。

「病は気から」ということわざがあるように、心配性が過ぎると結果的に懸念している事柄を自ら引き寄せてしまいます。

有事の際には、パートナーと力を合わせて乗り越えていくという柔軟さと気概が必要ではないでしょうか。
親御さんのことはお互いの課題でもありますので、愛情をもって、それぞれの最善の道を探していくと良いと思います。

慎重なのは悪いことではありませんが、石橋を叩きすぎては結婚なんてできません。

お互いに誠実に向き合うことができれば、何事もなんとかなる!
そのような楽天的で大らかな気持ちを持つことも大切なのです。

ブライトウェデイングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。