休会するとご縁が遠のく!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

結婚相談所では、会員さんにとってやむを得ない事情ができた時に、休会ができるシステムを設けているところがあります。
休会中は月会費が発生するかしないかは相談所によって異なります。
また、休会ができない、休会制度がない相談所も多数あります。

ブライトウェディングでは、プライベートで交際相手ができた時、病気などのため婚活ができない時に月会費無しで休会することができます。

休会を希望される理由としては
■体調不良
■コロナが落ち着くまで休会したい、
■仕事が忙しい
■資格試験を受けるので勉強したい
■モチベーションの低下
■プライベートで交際する人ができた といった理由などが挙げられます。

この中でも、休会の理由としてやむを得ないのは。体調不良の場合です。
無理をしないで体調が良くなるまで休養して欲しいと思います。

また、プライベートで気になる人ができた、交際が進んでいるというのは、おめでたいことですので多いに応援したいと思います。

それ以外の理由での休会はあまりお勧めできません。

なかなか思い通りにお見合いが成立しないから、もうお会いしたい人がいないから、という理由でお休みを希望される人がいますが望ましいことではありません。

婚活疲労により、精神的にかなりのダメージを受けている場合を除いては、歩みを止めないでください。

人にはそれぞれのバイオリズムがあります。

なかなかお見合いが成立しない時期があっても、コツコツと努力を続けていれば、自分でも不思議なぐらい成立する時が訪れます。

コロナが落ち着くまで休会したいという理由については、コロナに関する価値観は人それぞれですが、コロナ禍でも工夫をしながらデートを重ね、成婚したカップルはたくさんいます。

コロナ禍でも仕事をお休みするわけではありませんので、いまいちど、結婚観、コロナ観について、ご自分で見つめ直してください。

仕事が忙しい、資格試験を受けるので勉強したいという理由の場合、理解はできますが、そのような状況の中でも無理のない範囲で婚活は続けられると思います。

結果的に、生活の中で婚活の優先順位が下がってしまうと休会する癖がついてしまいます。 
これは、なかなか結婚ができない人の特徴の一つといえます。

休会は、すべての流れを止めてしまいます。
休会したばかりの会員さんに親しい仲人さんから良いお話しをいただいたり、お薦めしたい方が入会してきたということもよくあります。
しかし、お休み中ではご紹介もできません。

どうしてもお休みをしたい場合の注意点としては、例えば、1か月だけ休んで再活動をするというように計画的な休会としてください。

成婚退会した会員の皆さんが口を揃えて「休会だけはしない方がいいですよね、時間がもったいない。休んでいる暇なんてありませんよ」とおっしゃいます。

確かに休んでいる暇はありません。
休んでいる間に、ご縁はどんどん遠ざかってしまいます。

ご縁を引き寄せるのも遠ざけるのも自分次第ですので、積極的に動いいくことが大事です。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。