婚活は、ありのままの自分で!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いシステムにおいて人気のある男性とは、爽やかなルックス、高学歴、高身長、年収500万円以上といった条件バランスの良い方にお申込みが数多く入ってきます。

一方、女性はといえば、ヘアスタイルはセミロング以上の長さ、アイドルのような丸顔でパッチリとした大きな瞳、プロフィールの趣味欄には『ピアノ演奏』『お料理』などと女性らしさを前面に出している方が人気です。

プロフィール作成の際に、相談所のカウンセラー(仲人)の多くは、女性会員さんには男性会員さんからの受けが良いように女性らしさや家庭的なところを強調するようにアドバイスします。
そのようなアドバイスは正しいと思いますが、すべての人には当てはまらないと私は考えます。

本当にお料理が好きで家庭的な女性なら、その通りのプロフィールで良いのですが、お料理が嫌いで結婚後も作る意思がないとか、バリバリのキャリアウーマンとして働いている女性が全く本当の自分と異なるプロフィールを作って公開しても意味があるのでしょうか。

例えば、長年海外勤務で頑張ってきた女性と、一度も海外に出かけたことがないとか、世界情勢に全く興味のない男性がお見合いをしても上手くいくとは思えません。
根本的に必要な共通項がみつからないからです。

そのような女性は、一般受けするプロフィールで数多くのお申込みを求めるのではなく、自分の個性にあった人を自分から探していけばいいのです。

結婚相手は一人です。

婚活は、アイドルのような人気投票ではありませんので、ありのままの自分にあった、たった一人の人をみつければいいのです。

そのためにも、「ありのままの自分とはどんな自分?」「結婚後はお相手とどのような生活を送りたい?」など、しっかりと自分をみつめなおし、自分を知ることが必要なのではないでしょうか。

夫婦の在り方も多様化しています。
子供を設けないカップル、夫が家事・子育てをするカップル・・それぞれによって暮らし向きは異なってきます。

婚活においては、自分の選択と価値観の近い、もしくは歩み寄れるお相手を探すことが大切なのではないでしょうか。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です