お相手に共感することから始めよう!


こんにちは

大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」カウンセラーの林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いの席で、時々『自分全開』でお相手に熱っぽく話される方がいます。

情熱的に自己を訴えている!ともとれますが、聞く側にしてみれば興味の無い話を延々と聞かされるのは辛いものがあります。
その大方は自慢話になっているようです。

相手がどう思うのかは、その人の生活や環境、友人関係などによって異なりますので、自分の価値観を押し付けても良い結果には繋がりません

慎まなければならない注意事項をいくつか挙げましょう。

■高学歴の優位意識
■経済的な優位意識
■職種の特権意識
■趣味やセンスの偏見的意識

そして、もっとも注意すべきは、裏付けのない自惚れ、ナルシズムなどです。

相手はそんなことより『自分に合うだろうか』『自分と生涯、一緒に暮らせるか』ということを優先させて考えるもの。

確かに学歴(インテリ度)や経済力も大事なのですが、問題は【相性】なのです。

本人は自己アピールと思うばかりに背伸びをして話してしまうのですが、聞く方は将来のことを思って考え込んでしまうという結果になります。

自分の価値観を押し付けるのではなく、聞き上手になることも大切。

そして、まずはお相手に共感してから自分の考えを少しずつ伝えていくようにしましょう。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.love

お見合いでの身だしなみ・服装について(男性編)

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合いやマッチングパーテイーは、人生のパートナーと出会えるかもしれない重要な日。

第一印象が良くなければ次はありません。
「もう一度会いたい」と思ってもらえる自分になるように努力することが必要です。

まず、気遣いたいのが、身だしなみ(ファッション)。

清潔感が感じられるように注意してください。

まれに、お見合い当日、カジュアルシャツにデニム(ジーンズ)という普段着で来られる男性がいらっしゃいます。
なかにはポロシャツにヨレヨレのサンダル履き、髪はボサボサの方も・・・これは問題外です。

男性はスーツにネクタイ着用がマナー。

スーツを着るということは、ご自身をより格好良く表現するとともに、お見合いに真剣に取り組んでいるという意気込みの表れになります。

夏の肩のフケ、爪の伸びすぎ、そして無精ヒゲに鼻毛は、女性からとても嫌がられますのでお出かけ前にしっかりチェックしてくださいね。

外見は、あなたを知ってもらうための一番外側の中身。

自分磨きを重ねることにより、どんどん自信をつけていきましょう。

自信が持てる自分になることが、結婚への近道なのです。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.love

秋に起こりやすい婚活疲労!そのメカニズムと解消法

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

秋から冬にかけてなんだか寂しい気持ちになったり、理由もないのに落ち込んでしまうことがありますよね。
爽やかな季節になったというのになぜでしょうか。

それは、気候とメンタル面は、とても関連があるからなのです。

季節の変わり目、特に日照時間が短くなる秋や冬に多く見られることから「季節性うつ」、冬は「ウインター・ブルー」など、様々な呼ばれ方があります。

日照量の不足により、幸せホルモン「セロトニン」の神経機能が低下し、季節性うつを発症しやすくなるということです。

主な症状は

■脱力感・やる気が無い
■体がだるくなることが多い
■憂鬱な気分がする
■最近よく落ち込む

症状の度合いによっては抗うつ剤の使用などの対応が必要なケースもありますが、基本的には生活習慣の注意によって症状の改善、軽減を図ることができます。

そこで季節性うつ、婚活疲労にならない方法をYouTubeにて詳しくお話しております。
ぜひ、ご視聴ください。

「秋に起こりやすい婚活疲労!」
https://youtu.be/zABGN8TEj6k
ブライトウェディング
https://brightwedding.love

お見合いでの身だしなみ・服装について(女性編)

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

【お見合いでの服装】

お見合いでの服装は、男性はスーツにネクタイ着用と規約で決まっているのですが女性はどのような服装を選べばいいのか難しいですよね。

避けて欲しいのは、キャリアウーマン風のビジネススーツ。
商談ではありませんのでお相手が身構えてしまいます。

平日の仕事帰りのお見合いで、どうしても着替えるのが難しい場合は、お相手に承諾をいただきますので事前に相談所にお伝えください。

結婚式に招待されたときに着るようなドレスも大袈裟ですのでお相手がひいてしまいます。胸元が空きすぎている、短すぎるスカートなどセクシーすぎるのもNGです。

お見合いにふさわしい服装は、お洒落なタウン着をイメージしてください。

ワンピース、ブラウスやカットソーにスカートの組み合わせがお勧めです。
秋から冬にかけては、茶系か黒を着たくなる季節ですが、お見合いでは向かい合って座っていますのでお相手の上半身しか見えません。
ですから暗い色は避けて明るい色を選んでください。

冬はニットでも構いませんがハイネックやだぼっとしたオーバーサイズはカジュアルになりがちなのでNGです。
それからたまに見かけるのですが毛玉だらけのニットももちろんNGです。

派手過ぎず、地味過ぎず、分かりやすく言いますと報道番組に登場する気象予報士のお姉さんの服装を参考にしてください。
男性はスーツにネクタイを着用されていますので、つり合いの取れるファッションを意識してくださいね。

【ヘアスタイル・メイク】

次にヘアスタイルです。
髪をひっつめておでこを出すよりも、髪をふんわりとおろすダウンスタイルの方が柔らかい雰囲気にみえます。

メイクについては、ノーメイクは絶対にダメですし、派手過ぎるのも良くないのでナチュラルメイクで臨んでください。
ネイルも派手なデコレーションネイルは避けてナチュラルがおすすめです。

【その他】

バックはデザインですぐにシャネル、ヴィトンと分かってしまうよりブランド名が目立たないものがベターです。
なぜなら、お金がかかりそうな女性と思われてしまいます。

でも、これに関しては違う意見もあります。
以前、ある女性会員さんから「私は一生懸命働いて自分で好きなブランドのバッグを買いました。結婚後も自分の力で購入したいです。だからブランドのバッグをお見合いに持っていきます」と。
ご自分の意志をしっかり持っていて貫くというのもいさぎよいですが、お見合いの時に細かいことまで説明できるかというと難しいかもしれません。

靴は少しヒールがあると女性らしい雰囲気が出せます。

冬はブーツでも構いませんがモコモコしたボア付きのブーツは避けてください。
以前、ある男性会員さんから「足元を見たら大阪なのにヒールがぺったんこの雪ん子ブーツみたいなのを履いていてはりました」という報告を受けました。
意外と、男性は細かいところもチェックしているのですよ。

そして、香水のつけすぎはNGです。
お相手の香水がきつすぎてくしゃみがとまらなかったという実例もありました。
ほのかに香る程度にしてくださいね。

おさらいしてみますと

■服装は女性らしくてフェミニンな装いで
■ヘアメイク、ネイルはナチュラルに
■バッグはブランド名が目立たないものを持つ
■靴は少しヒールのある女性らしい靴を履く
■香水はつけすぎない

これらのことをぜひ参考にしてくださいね。

人にとって一番大切なのは中身です。
でも第一印象が悪ければ交際に結び付きませんので中身を知ってもらえるチャンスを失ってしまいます。

お見合成功のポイントはお相手に好印象を与えること。

第一印象は、出会いをご縁に変える大切な入口なのです。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.love

結婚するために必要なこと!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

今回は、結婚するために必要なことをお伝えしておきましょう。

【コミュニケーションを取り合おう】

交際に入ってから何度かお会いしているにもかかわらず「お相手のことを好きになれない」「気持ちの進展が難しい」という理由で交際終了になってしまうケースが多くあります。
そのカップルに共通しているのは『コミュニケーション不足』!

1か月に1度、よく会えても3週間に1度ぐらいしかお会いできていないようで、次回のデート日が決まるとその後はLINEやお電話でのやりとりが全く無いというパターンなのです。

逆に、成婚したカップルは、まめにコミュニケーションをとっています。
そう、結婚するために必要なこととはコミュニケーションを取り合う!ということなのです。

ブライトウェディングでの入会登録から成婚退会までの最短記録は、なんと50日!
33歳の女性で、登録してから1週間後に初めてのお見合いをして、そのお相手と結ばれました。

彼女は大阪、彼は奈良に住んでいましたのでデートはお見合い後5回でしたが、毎晩2時間ぐらいお電話で話をしたそうです。
お二人ともメチャクチャ暇なのか?というわけではありません。
仕事が遅くなっても、どんなに疲れていても、お互いに声が聴きたくて、電話での2時間なんてあっという間に過ぎていったといいます。

最近は、コミュニケーションはSNSでとりあう人がほとんどで、どうしても電話で話したいときは、LINEで「何時ごろなら電話していい?」と確認してからというケースが多いですよね。
でも、電話の良いところは、SNSとは違って、お相手の声のトーンで体調や心の動きが読み取れる、距離が近くに感じられるという点ではないでしょうか。

【ザイアンスの法則】

アメリカの心理学者ザイアンスが、人はある特定の人物との接触回数が多くなるほど、好感を抱くようになる、何回も会っているうちに相手に慣れていくと考えられる法則を実験により実証しています。
これを「ザイアンスの法則」というのですが、月に1度だけ会うよりも10分だけでも毎日会う方が好感を抱きやすいといいます。

でも、毎日会うというのはなかなか難しいですよね。

そこで、どうしても仕事の都合などで次回お会いする日程が先になってしまう場合は、先ほどお話しした成婚最短記録の女性のようにお二人にとって良い方法でコミュニケーションをとるようにしてください。

せっかく出逢えたチャンスをご縁に繋げるのはお互いの努力も必要です。

ぜひ、ザイアンスの法則を実践してみてくださいね。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.love