婚活ブルーからの脱出法💙

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

婚活システムでは、
婚活をスムーズに進めるために
いくつかのお約束(ルール)があります。

例えば、お見合い後、そのお相手と
「またお会いしたいか、お断りなのか」という
お返事をお見合い翌日のお昼ごろまでに相談所に
連絡すること。

お互いにもう一度お会いしたいという気持ちが
一致した場合(交際成立)は、
必ず一度はお会いすること・・・などなど。

決して難しいお約束ではないと思うのですが
こういったルールを重圧に感じるという方が
時折いらっしゃいます。

交際に入ったものの
電話やメールのやりとりなどで
段取りが進むにつれて拒絶反応が起きてしまう
ようです。

その方たちは婚活初心者に多く、
共通して「自分は婚活に向いていない」と
主張されます。

しかし、この場合は「婚活に向いていない」と
いうよりも急に物事が進んでいくことへの
怯えや怖いというと気持ちが生じているのでは
ないかと思います。

結婚が決まると陥るマリッジ・ブルーに
似ているところがありますので、
私は、このような現象を「婚活ブルー」と
呼んでいます。

マリッジ・ブルーとは、
結婚前に精神的に不安定になり
「間違った選択をしたのではないか」
と気分が落ち込むことを言います。

では、なぜマリッジ・ブルーは起こるの
でしょうか??

それは、潜在意識の『現状維持システム』が
作用しているからで、独身の人の潜在意識は
できるだけ独身を維持しようと導いているそう
です。

誰もが「前向きに進んでいきたい!」と
思っているにもかかわらず、
心にストップがかかってしまうのは、
潜在意識が現状を維持しようと働いているから
なのです。

ですからマリッジ・ブルーに陥るのは
不思議なことでも特別なことでもないのです。

婚活ブルーに陥るのも同じような原理では
ないでしょうか。

では、どうすれば婚活ブルーから脱出できるのかと
いいますと、潜在意識を新しい自分に徐々に
慣らしていけばいいのです。

「もしかして私って婚活ブルー?」と
思われましたらぜひカウンセラーに相談して
ください。

ブライトウェディングでは、
いつも会員の皆さんに寄り添うスタンスで
アドバイスをさせていただいております。

そして、「結婚したい」という
強い意志を持つことが大切!

学生時代を振り返ってみてください。
学年が進むにつれ、新しい課題や終了過程を
終えなければ終了することはできませんよね。

婚活においても「本当に結婚したい!」という
強い気持ちで段階を踏んでいきましょう!

ブライトウェディング
https://brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です