婚活におけるコロナ観の違い💙

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

コロナウィルス感染拡大を予防するために
私たちの生活様式は大きく変わりましたが、
最近、少し慣れてきたと思いませんか?

■マスク着用
■手洗い、手指の消毒
■ソーシャルディスタンス
(身体的距離の確保)などが
自然に実践されるようになり、
新しい生活様式が定着しつつあるように
感じます。

ところが、婚活においては、
新しい婚活様式にまだ馴染めないという方が
多くいらっしゃるようです。

お見合いですが、実際にお会いする対面か、
オンラインお見合いを希望するかを
会員さんが選べるようになっています。

どちらでも構わない場合は、
話し合って決めますが、
希望が一致しない場合は
お見合いが成立しません。

まず、初めの段階でコロナ禍での
婚活に対する価値観が異なるとお会いできない
というわけです。

また、お見合い後、交際に入っても、
コロナが怖いため、デートの日程を
先延ばしにすることを繰り返していると
進展が望めません。

一方、コロナ禍でも成婚したカップル、
交際が順調に進んでいるカップルも多くいます。

感染予防を徹底すれば外でのデートも楽しみたい
という考えが一致したカップルは、
密になりにくい公園や神社、
テラス席のあるカフェなどでデートを重ねて
めでたく成婚!

高齢の祖父母と同居のAさんと
医療機関にお勤めのB子さんのケースは、
コロナに対し慎重という考えが一致しているので
オンラインデートをほぼ毎日続けた結果、
真剣交際に入りました。

コロナ禍での婚活は、コロナに対する価値観が
近い人との方がスムーズに進みますが、
状況によって、オンラインお見合いや
オンラインデートを取り入れる。
お相手の考えも尊重するといった柔軟な姿勢も
大切です。

結婚は、お互いに
「思いやりの気持ちを持つことから始まる」
ということを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です