婚活でキープから本命になる方法!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

婚活では、仮交際の間は複数の人と同時にお付き合いすることが認められています。
といっても。複数の恋人がいて二股、三股交際をしているわけではありません。

恋愛の交際では、お互いに好きになった時に恋人関係になりますが、婚活ではお見合い後に「もう一度会って話をしたい」「もっとお相手を知りたい」という段階を仮交際とかプレ交際といいます。

仮交際の間は、複数のお相手と同時進行することができますが、期限が設けられていて、交際期間の重複は2か月まで、基本は3回までのデートで交際を続けるかどうか結論を出すのが好ましいです。

複数交際のメリットは、婚活をスピーディーに進めることができる、自分を客観視できる、心にゆとりが持てる といったことが挙げられます。

早く結婚を決めたい人にとっては合理的な方法といえますが、メリットを上手くいかせるためにはテクニックが必要となります。

交際している人数がまだ2人でしたらなんとかデートの約束ができますが、それ以上になるとデートの約束の日程が組みにくくなります。
複数交際の一番のデメリットはスケジュールの管理が難しいということです。

婚活でのキープはお互い様といえますが、なかなかデートの約束ができないということになると進展が望めません。

また、片方だけが複数交際をしていてデートの日程が決まらない場合、お相手は「私ってキープされているだけかな」と勘づいてしまいます。
婚活では、真剣交際に入るために1回1回のデートがとても大事になります。

では、仮交際中にキープか本命かを見分ける方法として「本命にだけに行うアクション」をピックアップしましょう。

1〇デートの段取りをつけようとする

お互いの日程が合わない場合でも、代わりの日程をいくつも出してくれるというのは本気で会いたいと思ってくれている証拠です。仮に相手が複数交際していても優先順位は上位でしょう。

2〇マメに連絡してくれる

次のデートまでにLINEや電話などでコミュニケーションを取ろうとしてくれるのは気持ちが前向きと言えます。

3〇気持ちを尊重してくれる

例えば、デートの場所を決めるときなどに、丸投げにしたり、勝手に決めるのではなく、何事も一緒に考えてくれるというのは大切にされているといえます。
これらの逆のパターンでしたらキープされているということになりますね。

でも、キープから本命になるチャンスはあります!

【キープから本命になる方法】

1〇お相手との距離感をはかりながら自分からもコミュニケーションを取るようにする。

2〇相手に興味を持っているということをアピールする。

3〇相手に依存するのではなく、自分の意見もきちんと伝える。

4〇自己中心的にならずに相手の気持ちや立場を理解するようにする。

5〇理屈っぽくならない。
といったことなどが挙げられます。

キープちゃんから卒業して真剣交際に入る前には、結婚観を話し合って、結婚後の暮らしをイメージしてみてください。

一緒にいて居心地が良いか、結婚観が似ている、または、価値観の違いがあっても歩み寄れそうな人なのかをお互いに確かめ合ってください。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。