コロナと共生する花火大会「泉州夢花火」

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

昨日8月22日夜、
コロナ禍で不自由な生活を続ける人々や
医療従事者を勇気づけるために
「エール花火」が「日本の花火を愛する会」
主催で開催されました。

大阪での打ち上げはなかったようですが、
秋田県大仙市を初めとする全国28都県の
64か所で同時スタート。
その模様が「24時間テレビ43」で生中継
されました。

全国一斉の花火は、
7月24日夜にも
日本青年会議所の主催で開催され、
友人からLINEで動画を送ってもらい、
あまりの美しさに感動しました。

今年はコロナウィルスの感染拡大防止の
ため、花火大会の中止が相次いでいますが
なんと、泉南りんくう公園にて
「泉州夢花火」が10月3日、4日に開催されます。

この花火が
「未来を生き抜く活力になって欲しい」と
いう願いから、夜空に大きな花を咲かせます。

コロナと共生する花火大会として、
マスク着用、観覧座席の消毒や
除菌スプレーの設置、
入場ゲートにて来場者全員に
検温を実施することに加えて、
■会場内は全席指定の有料席
■入退時に時間差を付ける
■観覧エリアを複数に分けて蜜を回避
■観覧席同士の間隔を広げる
など、3蜜対策を徹底。

東西の花火師たちが技を競い合い、
過去最多の30,000発を打ち上げると
いうことですから驚きですね!

1日目の10月3日は「東の花火 丸玉屋」
花火専用のコンピュータシステムによる
30秒分の1単位で音楽と花火をシンクロ
させます。

2日目の10月4日は「西の花火 葛城煙火300」
関西特有の賑やかで派手な演出の中にも、
侘び寂びを感じさせる緩急を利かせるなど、
観客の五感を刺激します。

詳しくはホームページでお確かめください。
https://senshuhanabi.com/

さて、花火デートで注意することですが、
■女性が浴衣姿で男性が洋服の場合、
浴衣は歩きにくいので歩く速度に
注意してあげてください。

■一度、観覧席に着くと、立ちにくいので
ドリンクなどは前もって用意してください。

以前、実際にあったNG例ですが、
彼女が「ドリンクを買ってきましょうか?」と
問いかけると、彼が自分の分だけ飲み物を
買っていたということがありました・・・。

これって本当!?と思いますが、
意外に多いのですよ。

ちゃんとお相手にも気遣いを忘れず、
楽しいデートにしてくださいね。

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

日本結婚相談所連盟(IBJ)ブライトウェディングblog
https://www.ibjapan.com/area/osaka/25549/blog/38355/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です