愛される会話術💛

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

人間関係が上手くいかない人の多くが、
感情のおもむくままに言葉を発している
傾向にあります。

そこで今回は、愛される会話術を
お教えしちゃいましょう。

自己開示にはI(アイ)メッセージと
YOU(ユー)メッセージの2種類があります。

心理学では「私」を主語にした表現方法のことを
「I(アイ)メッセージ」と呼び、
相手に向けられる言いかたを
「YOU(ユー)メッセージ」と呼びます。

Iメッセージは相手の行為や出来事を
非難がましくなく述べる方法で、
YOUメッセージは逆に相手に向けての
攻撃的な言い方となります。

具体例を挙げてみると、
デートでお相手が遅刻したとき
■YOUメッセージ
「遅い!一体何してたん!?どれだけ待ったと
思ってんの!」

■Iメッセージ
「心配した。でも無事に来てくれて良かった」

YOUメッセージだと「うるさい!」と、
逆切れされるかもしれませんが、
Iメッセージの方は、
なんだか胸キュンとしませんか?

お相手も素直に謝ってくれるでしょうし、
次回からの遅刻はしないように気を付けると
思います。

YOUメッセージは相手に
「YES」か「NO」かの選択肢しか与えませんが
肯定的なIメッセージだと
お相手を傷つけることなく主張ができ
人間関係が改善されます。

特に男女の間では、
相手から責められたりすると
気持ちが離れていってしまいますよね。

Iメッセージで話すことは、
お相手と上手くコミュニケーションを
とるための基本なのです。

さらに、Iメッセージを身につけることで、
感情のコントロールができるようになり
客観的に物事を考えることができるように
なりますので婚活がスムーズに進みます。

また、相手に話を聞いてもらった後や、
日常、当たり前のようなことをしてもらった
時にも「ありがとう」と感謝のIメッセージを
かけてください。

「感謝」することは相手を「肯定」すること。

つまりIメッセージとは、
「愛メッセージ」でもあるのです。

今日から一日ひとつでもIメッセージを
発信してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です