お見合いでの会話のタブー!


こんにちは

大阪本町の結婚相談所「ブライトウェディング」の林ゆかりです。

今回はお見合いで言ってはいけない発言、マナーについて
お話ししましょう。

まず、言われて傷ついてしまうのは、
席に着いて開口一番「プロフィール写真とずいぶん違いますね~」の
一言。

「写真よりも実際にお会いした方がお綺麗ですね」などという
誉め言葉ならいいのですが「写真と違いますね」という言葉の後、
何のフォローも無い・・・なんで??

言われた方は内心「えっ、そのあとのセリフは?写真よりも
実物が悪いということ?」などと思い巡らせ気持ちが落ちて
しまいます。

意外と発言した側は「なんとなく雰囲気が違うやん」というぐらいの
ニュアンスで悪気は無いことも多いようですが、
言われた方はいきなり言葉の先制パンチを見舞われたようなもの。

ほかにも「プロフィールに書いてある体重より太って見えますね」
「背が低いですね」など、容姿に関するようなセクハラ的な発言を
しないようにご注意ください。

次に、触れてはいけない話題についてご説明しましょう。
それは過去の恋愛経験のこと。
「何人ぐらいの人と付き合った?」
「どうして別れたの?」などという質問は初対面の人に聞くことでは
ありません。
自分から過去に交際した人とのエピソードを話す人もいらっしゃる
ようですが、お相手を不愉快にさせるだけですので過去の恋愛話は
交際が進み、お互いに知りたいと思ってからにしましょう。

お相手の相談所や活動状況についての質問もNGです。
「何人ぐらいの人とお見合いしましたか?」
「活動を始めてからどのぐらいですか?」など活動状況については
触れないのがマナーです。

また、ご自分の仲人さん(カウンセラー)に大変お世話に
なっているというような内容でしたらまだしも、
相談所のグチばかりを聞かされたというご報告も時折あります。
仕事や人間関係などグチ全般は、聞かされる側は嫌な気持ちに
なりますのでお気を付けください。

ほかにも、仕事や住まいについての細かすぎる質問や、
お相手が再婚の場合、離婚理由などを聞くなど、
プライバシーに踏み込む質問はお見合いの席では控えるように
しましょう。

お見合いは、あくまでもお互いの良いところを知るための
大切な時間です。

楽しいひと時になるように会話の内容とマナーを再認識しましょう!!

※次回は、会話が続かない場合の理由と対処法をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です