婚活警察にならないで!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

コロナ禍においてノーマスクの人を注意するマスク警察が続々と現れています。
正義感から誕生したマスク警察ですが、注意した相手と殴り合いの喧嘩になるなど、トラブルになる事件が目立っていますね。

婚活においてもお見合い相手や交際相手に強くダメ出しをする婚活警察のような人がいます。

では実際にあった例をご紹介していきましょう。

【40代男性のケース】

40代男性の例ですが、彼は婚活に真面目に取り組んでいて、お見合い前にはお相手のプロフィールを隅々まで読んで記憶します。
これはなかなか感心ですよね。
準備万端で臨んだお見合いのお席で、お相手が彼に「趣味は何ですか?」と聞いた瞬間に彼はブチ切れたのでした。

「趣味は何ですか?え~あなた僕のプロフィール読んでいないのですか!きちんと詳しく書いているじゃないですか!」と。
あっけにとられている彼女に、さらに「事前にお見合い相手のプロフィールを把握していないなんて失礼じゃないですか!よくそんな心構えで活動していますね・・」などと延延と説教を続けたのでした。

彼女に聞いてみると、彼女はプロフィールを把握していなかったのではなく、趣味は何々ですね?と自分から言うよりもお相手から引き出したくてそのような聞き方をしたというのです。

もし、本当にお相手がプロフィールを読んでいなかったとします。心構えとしてはいけないことですが、そこでカッとなって婚活警察になるのはよくありません。
せっかくお会いできたのですから、お見合いの60分を有意義に、楽しく過ごすように努めてください。

【30代女性の罰金の要求癖】

また、交際中のお相手のことについて、婚活警察になる人がいます。

30代女性A子さんのケースですが、何かあるとすぐに「お相手にペナルティーを要求してください!」と、まるで口癖にように言うのですよね。

例えば、「私からお見合いの日程をいくつも、何度も出しているのに、どれも合わないってどういうことですか!お見合いの日程を決めるのは1週間以内じゃないのですか?ペナルティー、ペナルティーをもらってください!」とか。

ちなみにこの例は、ペナルティーは発生しません。

確かに、休日はなるべくお見合いのために空けておいて欲しいものですが、彼女は、日程が合わない理由をお相手相談所に追求して欲しいと言うのですよね。

しかし、結婚相談所は警察でも裁判所でもありませんし、ペナルティー、規約は婚活がスムーズに進むために定められているもので、罰するためのものではありません。

今回、2件のケースをピックアップしましたが、同じような感覚の方に共通しているのは、婚活に対して熱心で真面目な性格、そして完璧主義。

人によっては、お見合いの度にお相手の細かいことが気になり、クレーマーのようになることもあります。
しかし、それでは婚活がスムーズに進みません。

仮にお相手に落ち度があったとしても時には大らかに相手を許すという気持ちも大切です。

その理由は、人を許すということは自分が幸せになるためには不可欠だからです。

相手のために許すというより怒りのネガティブな感情を長い間抱えていると自分がしんどい、だから婚活が上手く進みません。
つまり自分のために許すということなのですよね。

では、どのようにすると人を許せるのかご紹介しましょう。

■まず、自分の気持ちを紙に書き出して整理する
(これは、なぜ、自分は腹がたったのかを客観的にみつめるということです)

■完璧な人はいないことを知る

■相手の立場を想像する(仮にお見合相手が覇気のないように感じたなら「やる気があるのかな?」とネガティブに捉えずに体調が悪いのかな?というようにとらえる)

■出会えたキセキに感謝する

これらのことを意識してみてくださいね。

人を許すということは簡単なことではありませんが、穏やかな自分になることで心に余裕ができます。

そうすると魅力がアップしますので良いご縁を引き寄せることができますよ。

あなたの婚活を応援しております!!

ブライトウェディング
https://brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。