恋人・伴侶は所有物ではない!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所
『ブライトウェディング』の林ゆかりです。

心理カウンセラーの観点から
婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合い後、お互いにもう一度お会いしたいと
いう気持ちが一致すると、相談所を通じて
お電話番号の交換をします。

そこから仮交際(プレ交際)がスタートします。

そして交際が進み、お互いに他の人とお見合い
をしないという気持ちが確認でき、
二人で向き合っていく状況を『真剣交際』と
呼んでいます。

真剣交際に入った後、ほとんどの方が
平均2~3か月で成婚退会をされていくのですが、
残念ながら真剣交際に入ってすぐに破局する
カップルもあります。

よくお聞きする理由は、
お相手が自分だけのものになったと思い込んで
しまうことからの束縛です。

実際にあった例ですが、真剣交際に入った途端に
スケジュールをすべて聞き出そうとし、
友人とその日は約束していると伝えると、
誰と何処で会うのかなどとしつこく問いただされた
とか、服装について、自分好みの装いしかしては
いけないと強く要望された。

真剣交際に入って極端に増えるボディータッチで
困ってしまったというようなご報告・ご相談が
ありました。

真剣交際とは、成婚に向けて二人の精神的な絆を
深め、ご両家のご家族に認めてもらうための大切な
期間であって、お相手を独占しようと束縛するため
の期間ではありません。

おそらく、プレ交際から真剣交際に進んだという
嬉しさと安心感から起こる言動かと思いますが
これでは二人の距離を縮めるどころかお相手の
気持ちはどんどん離れていきます。

そもそも、恋人や伴侶は自分の所有物ではありません。

夫婦とはどちらかが束縛したり、
支配するものではないということを再認識して
ください。

そして、お互いを思いやり、尊重しあうという気持ちを
大切にしましょう。

ブライトウェディング
https://brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です