婚活で2回目のデートを成功させるコツ!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

婚活において2回目のデート後に交際終了になるケースがとても多いです。

1回目のデートは、まだフィーリング・波長が合うかどうかを確認する段階ですが、お互いに緊張したり、頑張りすぎて お相手を十分に理解できなかった、よく分からなかったという感想をよくお聞きします。

もちろん、1回目のデートでお互いに好印象を抱いたから2回目のデートに繋がる場合もありますが、ほとんどの人はよく分からないからもう一度お会いしようと思うようです。

ですから2回目のデートが、今後の交際や真剣交際に進むためのきっかけになるので重要となります。

では、2回目のデートを成功させるコツをお話していきましょう・

【2回目のデートまで間を開けない】

2回目のデートまでの期間ですが、できれば初デートの後の1週間以内が望ましいです。

ただ、どうしても仕事の都合などで難しい場合は、2週間以内か、短い時間のデートを提案してみてはいかがでしょうか。

どうしても日程が合わない場合は、カフェでのデートや平日の仕事帰りに食事に行くなど、1時間ほどでもお会いしてはいかがでしょうか。
まだ1回目のデートの余韻があるうち、テンションが下がらない間にお会いすることをお勧めします。

【2回目にふさわしいデートの場所を選ぼう】

ファーストデートは短めに、食事デートがお勧めですが、2回目のデートは、食事に何か一つをプラスしましょう。

美術館、映画、動物園・水族館などがいいですね。

まだ、人間関係ができていないこの段階でドライブやアスレチックなどアクティブすぎるデートはお勧めできません。
その時は楽しくても、あとから疲れがどっと出てしまいます。

1回目のデートの時に2回目のデートプランを二人で話し合って決めると上手くいきます。

【お相手を厳しくチェックしすぎない】

2回目のデートで、相手を見定めよう!と、試験官のような気持ちで臨むのはやめましょう。

服装が自分の好みではない、リアクションが気に入らないなどチェックしすぎるのはよくありません。
一つのことにとらわれずにお相手を全体像でみる、2人の時間を楽しもうという気持ちが大切です。

【会話が重要】

お互いのことをより知っていくために会話が重要となります。

前回よりも少しだけ深い話をしましょう。
お見合いの時や前回のデートで話したことを会話に盛り込んでもいいですね。

NGなのは、前回話したことを忘れている、もしくは聞いていない?最悪なのは他の人と勘違いしているようでしたという報告もあります。
自己アピールが過剰、お相手を質問攻めにする、一方的に話すのもよくありません。
会話のキャッチボールをするようにしましょう。

まだ、詳しい結婚観などを話すのは少し早いですが、相手の言葉を少しずつ引き出しながら、その人と結婚したらどんな生活、ライフスタイルになるのか会話の中から想像してみてください。

【距離感を間違えない】

2回目のデートは、お互いの距離感を縮める機会となりますが、相手のプライベートに踏み込み過ぎたり、馴れ馴れしすぎると失礼な印象を与えます。
まして、ボディタッチはまだ早いです!

いい雰囲気になってきたので思わず手を握ったり、腰に手を回したりすると、必ずといっていいほど交際終了になります。

真剣交際の申し出もまだ早いです。
2回目よりも3回目、4回目の方が成功率は高いです。

2回目のデートは1回目よりリラックスできた、お相手と一緒にいて違和感や疲れを感じなかったということでしたら3回目のデートに進んでください。

価値観・考え方の違いについては、交際を続けていくうちに擦り合わせていくことができる場合があります。

お相手のお人柄と歩み寄れる人なのかどうかを見極めてください。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。