婚活で我慢しなくてもいい実例!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

頑張りすぎて、婚活疲れ、婚活うつになってしまう人がいます。
特にお見合い相手、交際相手に対して、なんか違うな~と思いながらも自分を出せない、我慢ばかりで自分を追い込んでしまうという人に多いようです。

婚活において、交際が上手く進むコツとしてお相手との価値観の違いを認めて許容しましょうというアドバイスをしますが、許容と我慢は違います。
ついつい頑張りすぎてしまうという人は、次のような場合は我慢しなくても構いません。

では、実例を具体的にご紹介していきましょう。

【生理的に受け入れられない場合】

30代女性とアラフォー男性との組み合わせでよくあるパターンです。

「お見合いの時はスーツなので普通に感じたのですが、ファーストデートでの服装がださすぎてすごいおじさんに見えました。一度おじさんに見えると話が頭に入ってこなくて、もうアウトです!」という報告を複数の会員さんから立て続けに受けました。

「シャツの襟もとがヨレヨレだった、シャツとパンツの組み合わせが変だった。特にオシャレでなくても、ごく普通でいいのに・・・」というのですよね。

ファッションに関心のない男性は山ほどいますが、問題はお見合いで出会っているということです。
お見合いは、はじめの印象がとても大事です。

職場などで出会っていれば、服装の趣味が悪くても仕事ができるとか判断力があるなど、それ以上の魅力を知っているので、いずれ私がコーディネートさせてもらう、ですみますが、婚活では、お相手の魅力を知る前に生理的に無理!と思えば先に進めません。

ファッションセンスが、さほど気にならない女性もいますが、特に美的センスを求めている女性の場合は難しいと思いますので我慢して交際を続けなくてもいいと思います。

【食べ方のマナーが悪い】

デートといえば食事がつきものですが、彼女の食べ方のマナーがひどすぎてひいてしまったというケースです。

口に食べ物が入ったまま喋る、食べ方が汚い、お箸の持ち方が悪いなど。
「お箸の持ち方が悪いっ」て、細かいな~と思われた人もいるかと思いますが、結構よく聞くNGなのです。

将来、子供ができた時のことまで考えるようで、お箸がちゃんと使えないと子供にどう教えるの?とか、偏食すぎる女性に対しては子供の健康管理が心配という人もいます。

【歩み寄ろうという気持ちがない人】 

育ってきた環境、おかれている環境が違うので価値観は人それぞれ違って当たり前です。
だから話し合って歩み寄ろうとする擦り合わせが大切です。

☆話し合いのできないお相手との40代女性のせつないエピソードです。

彼女は真面目で頑張り屋さん、お相手になるべく合わせようとする従順なご性格でデートの日程も彼の提案する日を優先していました。
お相手は50代の会社員です。

6回から7回のデートで真剣交際に入るカップルが多いのですが、もう10回以上もお会いしているのに真剣交際の話になりません。

彼としては「もう少し合わないとお互いの本性が分からない」と。
それで、長い時間一緒にいられる日を設けて結婚観について話をするように勧めました。

「結婚したら仕事はどうするのか」という話になった時に、彼女は「仕事は今の会社を辞めてもう少し短い時間の仕事を探して家事に力を入れたい」と話すと、彼は「老後のことが心配なのでしっかりと今の会社で働き続けて欲しい」という答えが返ってきました。

それなら家事も少しは手伝ってくれるのかなあと思った彼女でしたが「僕は家事を手伝う気はない。母親も働きながらしっかりと家事をして僕らのことも育ててくれた。一切、手は抜かなかったよ」と。

そして、その日のデートは公園でしたので彼女はお弁当を作って持って行ったのですが、「お弁当作りもそうだけど、いかにも頑張りました!というような感じを出さないで、さりげなくすべてのことを完璧にできる人がいい」と仰ったそうです。

他にも一方的な希望を伝えられたために、一時は真剣交際も考えた彼女でしたが、彼女の方から交際終了を告げることになりました。

他にも、話が噛み合わない、真剣度を感じないなど、違うなあと思えば相性が合わないということです。

可能なことは許容し、どうしても譲れない、こだわりたいことで大きな違和感をおぼえたら我慢しないで新たなご縁に進みましょう!

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。