瑛人さんの「香水」から学ぶ恋愛術💖

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の
林ゆかりです。

最近、瑛人さんの「香水」という歌に
ハマっています。
初めて聞いたときからサビの
「君のドルチェ&ガッパーナの香水のせいだよ♪」
というフレーズのインパクトが強烈で
頭から離れません。
もちろん、カラオケでもチャレンジしました。

この曲は、
元カノを想う心の葛藤を描いた失恋ソング。
瑛人さんの実話に基づいているそうですが、
実際にドルチェ&ガッパーナの香りを
付けていたのはアルバイト先の男性オーナー
だったそうです。
海を連想させるような爽やかで
ユニセックスな香りは私もお気に入りです。

さて、この歌の歌詞にあるように、
香りというのは
強力に記憶を呼び起こすものですよね。

五感のうちで、嗅覚は脳の大脳辺縁系という
情動をつかさどる部分に情報をストレートに
伝えます。

視覚や触覚といった他の感覚は、
情報を合理的な思考をつかさどる大脳新皮質に
経由させてから大脳辺縁系に伝えます。

香水だけではなく、あらゆる匂いは様々な記憶を
呼び起こしてくれます。
先日、友人が「今年のお盆は帰省するのをやめる
ことに決めたけど、実家の匂いがなつかしいな」
と言ったことにすごく共感しました。
確かに匂いと共に思い出がよみがえりますよね。

さて、瑛人さんの「香水」のお話しに戻りますが、
歌詞を読み解いていきますと、
元カノからの突然の連絡により3年ぶりに会った
二人。
別によりを戻そうとか思っていなかった彼ですが、
彼女の香水の香りで二人が幸せだったころを
思い出してしまう。
でも、お互いにあのころと変わってしまっている
のできっと昔と同じような時間を共有できない
だろう。と葛藤。

ラストのサビの歌詞は
「別に君をまた好きになるくらい
君は素敵な人だよ 
でもまた同じことの繰り返しって
僕がフラれるんだ♪」
と気持ちを整理しています。

この主人公から学ぶべきところは、
客観的に自分を観ているというところです。
もしも彼が望むなら、
もう一度付き合うことができたでしょう。
でも、またお互いに傷つけあいたくないから
彼女を好きになろうとする気持ちを押し殺して
いると捉えることができます。

恋愛:結婚において大事なのは、
相手を思いやる気持ちと、
自分の気持ちや今の状況を客観視、
つまり俯瞰で観ることなのです。

一時的な感情だけで動くと、
自分勝手な気持ちを押し付け、
相手を傷つけることに繋がりかねません。

今、恋愛や婚活で悩んでいるあなた!
ぜひ、今の状況を客観的に見つめてみてください。
そうすれば、これからどうすればいいのか
自ずと結論が出てくるかと思います。

自分を振り返る時間も大切にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です