ファーストデートまでにしてはいけないNG行動!


こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

お見合い後、せっかく仮交際に入ったのにファーストデートまでに気持ちが思いっきり落ちてしまうというケースがあります。

そうなるとファーストデートをすることなく交際終了になってしまったり、ファーストデート後に終了になってしまいます。
いつも断られてしまう、という人はその理由を考えてみたことはありますか?

では、その理由、ファーストデートまでにしてはいけないNGな行動をお伝えしていきましょう。

1■ファーストコールの日時を守らない

仮交際に入ると相談所を通じてお電話番号を交換し、男性から指定の日時にファーストコールを入れるという流れになっています。都合の悪い場合を除いては、お見合い翌日の夜9時~10時頃までとなっています。

その間、女性はお風呂にも入らず、電話を待っています。
ところがいつまで待っても電話が無いと「最初の約束も守れないような人とはお付き合いできない!」と思ってしまいます。

急な残業などで連絡を入れられない場合はショートメールでそのことを伝えるようにしてください。

女性も遅くまで待つ必要はありません。何か事情があったのかなと大らかに受け止めて翌日、相談所に確認してください。

2■デートの日程が先過ぎる

ファーストコールの時に、できればデートの日時を約束してください。
お見合いからあまり日にちを開けないことが大切です。

2週間以上先になってしまうと、お互いに気持ちが冷めてしまい、どんな人だったか忘れてしまいそうになります。
お見合い日の次の週末には会えるように努めてくださいね。

3■デートプランを相談しない

デートプランをお相手に丸投げにしたり、勝手に決めてしまうというのはよくありません。

ファーストデートは短めに、食事デートがおすすめです。
彼女の好みを聞いて、彼がいくつかのお店の候補を考えて提案するとスムーズにお店選びができます。

4■デートの日時と場所が決まれば連絡を入れない

これは、すごくよくあるケースです。

女性会員さんから「全く電話もLINEも無いのですが、こちらから連絡を入れてもいいのでしょうか?」というご質問を度々お受けします。

ファーストデートが決まればもう一仕事終わった、と安心してしまう男性が多くいるようす。
全くコミュニケーションを取らないでいると気持ちが落ちてしまいますので最低1週間に2回ぐらいはLINEの往復をされることをお勧めします。

女性の方からデートの前日には「明日楽しみにしています」と確認の連絡をいれるといいですね。ファーストコールの際にLINEの頻度などを確かめ合ってみてはいかがでしょうか。

5■馴れ馴れしすぎる内容のLINEを送る

これは男性がよくやりがちなNGアプローチです。

男性と女性の恋愛感情のカーヴは異なります。

男性はお見合いでOKのお返事をいただくと感情がピークに達してしまいますが、女性はお相手をこれからじっくり観察していこうという冷静な気持ちでいます。

つまり初めの段階では気持ちの温度差があるのですが、この状況の時に男性は、ついつい「もっと自分を知って欲しい」という思いから馴れ馴れしすぎる内容のLINEを送ってしまいがちです。

最悪なのは自分を撮った写真や動画を送ることです。
受け取った側は、まだ気持ちの受け入れ態勢が整っていませんので重く感じたり、内容によっては気持ち悪いと逆効果になってしまいます。

女性もただ重く感じるのではなく、男性は始めに感情が高まるという心理を把握すれば受け止め方が変わってきて許容範囲も広がります。

お互いの距離感を感じ取るようにしてくださいね。

ブライトウェディングは、あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://www.brightwedding.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。