実家暮らしだと婚活に不利?

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

地方では実家暮らしの人は多いですが、東京や大阪などの都市で実家暮らしをしていると「精神的に自立していないのでは?」と思われることがあります。

婚活において、実家暮らし同士であれば問題はないのですが、一人暮らしの女性の場合、実家暮らしのお相手を選ばないことがあります。
女性が抱く実家暮らしの男性のイメージは、親から自立しておらず、頼りなさそう、結婚後、家事を手伝ってくれなさそう、家事全般ができなさそうといったことなどが挙げられます。

一方、女性の場合は、男性の場合ほど、実家暮らしがマイナスのイメージに働くことは少ないようですが、家事を母親任せで料理などができなさそう、金銭感覚がなさそう、わがままそう、というイメージを抱く男性もいるようです。

実家暮らしが婚活に不利に働いていると思う人は、実家暮らしをやめて一人暮らしを始めてみるのもいいですね。
でも、それはかなりの決断がいりますし、費用がかかります。

そこで次に【一人暮らしができない場合の対処法】をご紹介していきましょう。

1■実家暮らしをしながら、一人暮らしと同じことを行う

料理や掃除、洗濯など親任せにしないで、公共料金の支払いなど、一人暮らしをしている場合と同じことを自分で行います。
具体的には。家にお金を入れる、計画を立てて貯金する、規則正しい生活を送るようにしましょう。

2■プロフィールを修正する。

現在は実家暮らしでも学生時代や短い期間でも1人暮らしの経験があれば、そのことを記載しましょう。
身の回りのことや家事は一通りできるということをアピールしてください。

男性の場合は「結婚後は家事や育児も積極的に行いたい」ということを書くといいですね。

また、実家暮らしの理由を書く方法もあります。
実際に成婚した男性のケースですが「職場に近いため実家暮らしをしていますが、結婚後の生活費に充てるためにしっかり貯金をしています」と書いたところ、経済的な心配をしなくていいという安心感を得ることができました。

他にもYouTubeにて詳しくお話しております。
ぜひ、ご視聴ください。

あなたの婚活を応援しております!

「実家暮らしだと婚活に不利?」
https://youtu.be/sxJ8fE723R0
ブライトウェディング
https://brightwedding.love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です