婚活は心配性すぎると上手く進まない!

こんにちは

大阪本町の結婚相談所『ブライトウェディング』の林ゆかりです。
心理カウンセラーの観点から婚活を成功させるコツをお伝えしております。

婚活を始めたものの、あれこれ考えてしまい、急に「前に進めなくなってしまった」という人がいます。

お見合いをして、お相手から「断られたらどうしよう」「傷つきたくない」という心配が先に立ってしまうようです。
そういう気持ちになってしまうことも分かりますが、心配性すぎては婚活が上手く進みません。

では、どうすればいいのでしょうか?
それは頭で色々と考えすぎないこと。

常に考えすぎてしまいがちな人は、何も考えずに、心のまま、流れのままに動きましょう。
とにかく動く、アクションを起こすということが大事です。

もし、お相手からお断りをされてもネガティブに考えるのではなく、ひとつの経験としてポジティブにとらえてください。
そして、自分自身、直した方が良いところがみつかれば直せばよいのです。

「案ずるより産むがやすし」ということわざがあります。

実際に、物事を行ってみると意外とたやすくできるものです。
取り越し苦労をしないようにとにかく婚活にトライしましょう。

また、20代のカップルは、好きという気持ちがあれば、あまりあれこれ考えずに結婚を決める勢いがあるのですが特に女性は、年齢を重ねるにつれて先のことを考えすぎて慎重になる傾向にあるようです。

アラフォー女性に観られる傾向ですが、お相手の条件で学歴や身長以上に家族構成と預金額(資産)を気にする人がいます。

アラフォー女性の対象になるのは40代、50代の男性ですので親御さんの年齢も当然高くなります。
自分が、夫となる人の親の介護をすることになるのか心配となり、兄弟のいない人や長男を希望条件から外し、すでに親御さんが施設に入所している人や入所予定の人を選ぶという人がいます。

また、お相手が40代後半、50代の場合は、定年が近づいていますので、預金額や資産が気になるようです。

アラフォー女性の結婚が難しいといわれているのは、彼女たちの心配性すぎる考え方がお相手探しの範囲を狭めているというのも理由のひとつです。
リスクを少なくしたいというお気持ちもわかりますが、それ以前にお相手のお人柄を見つめ、自分との相性を確かめることが大切です。

親御さんのことはお相手だけではなく、お互いの課題でもありますので、その時の状況に応じて最善の道を探していくといいのではないでしょうか。

何かが起きた時には、パートナーと力を合わせて乗り越えていくという柔軟さと優しさが必要です。

お互いに誠実に向き合うことができれば、何事もなんとかなる!そのような楽天的で大らかな気持ちを持つことも大切なのです。

ここで、婚活における心配性を直す方法をご紹介しましょう。

■何も考えずに、心のまま、流れのままに動く。アクションを起こしましょう。
■幸せになっている未来の自分を想像してイメージトレーニングをしましょう。

年齢問わず、何が起こるか分からないのが人生です。

「病は気から」ということわざがあるように、婚活に限らず、まだ起こっていないことに対して心配性が過ぎると結果的に懸念している事を自ら引き寄せてしまいます。

ぜひ、心配性を直して、ポジティブ思考に変わっていってください。

あなたの婚活を応援しております!

ブライトウェディング
https://brightwedding.love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です